道端を歩いていると、足元に妙な格好をした虫が
妙な動きをしているのが目の端にとまったので注視してみると
それはアシナガバチの死骸で、ひっくり返った格好の状態で
蟻によって運ばれていたのだった
よくよく見れば蜂だが、ぱっと見ると全くなんだか不明謎昆虫に見えた

空を飛んでいる蜂が地面で、しかもひっくり返って、蟻の動きで移動する
見た目が完全に蜂でも、まったく違う質をかんじた妙なもんである
ぱっと見とその本質は違うときある、またじっくり見て見た目一緒でも
本質がちがってるときがある、死んでたりすることがあるな、


そんなことを考えていたら、ファミリーレストランの前を歩いて通過した
和食のファミレスで、換気扇から和食ファミレスの空気を濃縮したような匂いが
ぶわっと路上に流れているゾーンがあり
その特有の匂いについてはじめて意識をすることになった
あの匂いはなんでしょうか、けっこう特徴的に思う



食品スーパーマーケットからでてくる男があった
口笛で、軍艦マーチを吹いていたんですよ
ん、と思ったけど

マルフジ、という名のスーパー
店内の野菜売り場で、軍艦マーチがしばしば流れていることをおれはしっている
非常に無骨な店内で、雑然とものが並ぶ倉庫に近い印象を与える内装
品物は安い
それで、軍艦マーチがしばしば流れているという
購買意欲をそそらせようとしている策略なのだろうか?
よくわからんが買い物カートを押す人々のBGMで軍艦マーチというのは笑える
行くといつも笑ってしまう
野菜コーナーを抜けると生鮮食品売り場があり、そこでは呼び込み君が設置
されておりあの曲がかかっているのでかなりやばい空間が出来上がってる

生の青のりというのを買ってみた。味噌汁の具にしてみたがうまい
海のものだなという味がする。磯感
あと生のとびうおが売っていたので買ってしまった。塩焼きにした
とびうおってたぶん食べたことない
淡白だがうまい、しかし硬くて細い骨があるので注意が必要