昨日の日記を見返していたら
「カステラ風蒸しケーキ自体がまた廃番になった」と
誤解される可能性がある気がして、不安になったので追記しますが
そうではなく、いつもの店での取り扱いが終わってしまったという意味です
 
この文章によって万が一にでもカステラ風蒸しケーキの捜索を断念し
機会を損失してしまう人が出てきては大変なので、明記しておきます
まだ売っています


今回のこの日記は、カステラ風蒸しケーキを探し求める人がこれを読んでいるという
わずかな可能性のために書いているものだから、この際だし
カステラ風蒸しケーキさがしについてのことをもうすこしかいておきたい

 
調べた限り、カステラ風蒸しケーキを扱う店は現時点でとても少ない
あくまで一つの事例としてだが、昨日時点で8市区町村調べてもらって
扱っていた店は2軒、個数としては合計5つしかない
この8市区町村に菓子パン類を扱う店がどれだけの数あるか想像もつかないが
コンビニ、スーパー、ドラッグストア、個人商店…まあ少なくとも数百軒はあるだろう
そのうちのたった2軒。
よほどの強運の持ち主でないと、取扱店を引き当てるのは困難だ
この比率を知ってしまった以上、闇雲に探す気には到底なれない
 

そこでぜひ、カステラ風蒸しケーキを探し求めている方は
ヤマザキのお客様相談室に相談することを強くおすすめしたい
方法は簡単で、電話してカステラ風蒸しケーキを本日入荷している店を
教えて欲しいという旨を伝えるだけだ
知りたい都道府県、市区町村を訊かれるので、知りたい地域を伝えたら
調べて折返し電話をかけてくれるという流れです

菓子パンひとつのために企業に電話をかけるのに抵抗があるという気持ちも
よくわかりますが、この方法なしにカステラ風蒸しケーキを探すのは
あまりに無謀な挑戦であることは上記のとおりである
 
カステラ風蒸しケーキを販売する店が、自分の住む町にどれくらいあるのか
いくつのカステラ風蒸しケーキが存在しているのかを具体的に知ることで
自分の住む町をあらたな視座で捉え直すことができるという側面もある
 
また、カステラ風蒸しケーキに対する問い合わせが増えることは
カステラ風蒸しケーキにとっても、 追い風になるような気もするし
そういった面でも有意義な行動だと思う
 

依然厳しい状況におかれているカステラ風蒸しケーキに対し
できることといったら、探して買って食べることと
役立つかもしれない情報をインターネットに書くことくらいである
ここまで読んでくれた方、ありがとうございます

カステラ風蒸しケーキの再発売からしばらくして、比較的行きやすい場所で
一日二個安定して入荷する店が現れた
 
カステラ風蒸しケーキは、出荷日含めて4日間の消費期限があるから
だいたい4日に一度、4個買ってきて
朝食として一日ひとつ食べるというスタイルが定着しつつあった
3個しかない日は3個買って3日後に出直し、5個あったときは
ひとつ冷凍したり、朝食とおやつに一日二個食べる贅沢スタイルの日もあり
主食のようにぱくぱく食っていたが
 
前回、月末に買いに行ったときに、入荷が一日一個になってるようだった
今思えば不穏な感じがしていたが


さて今日
いつもの店に自転車で出かけてみると、なんと取り扱いが終わっていた
 
11月になり、品揃えが切り替わったということか。
何度か味わったこの絶望感。
ヤマザキ製品は月頭に新商品が出るし、棚も限られているわけだから
新商品でも定番商品でもないカステラ風蒸しケーキが退場するのは
まあ理解できない話ではない
店員さんに「このへんで扱っていたのはここだけだったんですよ」と
伝えたら、笑っていた
笑いごとではないのだが


すぐさま店の駐車場でヤマザキにお問い合わせ電話してみると、
大方の予想通り周辺店舗は全滅
範囲を広げて調べてもらうと、取り扱っている店が2軒見つかったので
そこから15キロほど足を延ばし、そのうちの1軒で3つ手に入れた

もう1軒は空振りだった
団地の近くの古いスーパーで、買い物客がちらほら居た
本日入荷したはずの2つのカステラ風蒸しケーキは
この団地に住むだれかが買っていったのかもしれないな
今までお問い合わせの捜査線上に名前が上がってこなかった店だから
もしかして初入荷、物珍しさで買っていったのかもしれない
もしくは、同じようにお問い合わせして探し当てた人が
買ったのかもしれんな
どちらにせよ、カステラ風蒸しケーキを買い求める客が他にもいるという
あたりまえの事実が、心強いような
徒労だったが、不思議とうれしい気分になる


日が暮れたので、自転車で駅へ向かった
ずいぶん遠くまで来てしまったが、折りたたみ自転車なので
折って袋にしまえば、電車で家の最寄り駅まで帰ることができるわけだ
 
知らない道なので、スマートフォンの地図のナビ機能を使った
ナビは、ずいぶんと複雑なルートを示した
はじめて通る住宅地のなかの道を、ぐちゃぐちゃ折れ曲がりながら
カステラ風蒸しケーキがなかったら一生通らなかったかもしれない路地を
すいすい進んでいく
今夜はよく眠れそうだと思った


楽園(le paradis)34号が発売になりました
「おみやげの心得」という題の漫画を掲載して頂いております
ぜひ見てみて下さい。
お求めはお近くの書店かインターネット通販で

楽園(le paradis)ウェブサイト
http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/vol34/ 

amazon通販ページ
http://www.amazon.co.jp



また、今年の楽園夏のWEB増刊が、ウェブでの公開分に12の描き下ろし作品を加え
電子書籍として刊行されています
描き下ろしのうちの一作品、「偶」という題の作品を掲載して頂いております
通常公開分含めて計5作品入っています。何卒見てみてください
 
amazon通販ページ
https://www.amazon.co.jp
 

セブンイレブンがなくなった
経営する会社が変わったか統合したかで、かつてセブンイレブンだった
店舗はみな別の名前のコンビニに切り替わって
日本中探してもセブンイレブンはもう一軒もないという

携帯電話の写真フォルダに残された
セブンイレブンの外観の写真を順番に見ながら
見慣れた赤緑オレンジの外観
この色を見るとコンビニの外観だなと思ったもんだけど
これも過去の感覚になっていくんだな、と思う
 

今日もいちだんと寒いので、ついに真冬用の服をひっぱり出して着た
まだ秋なのに、この調子で寒い冬を耐えぬけるのだろうか
不安になるが、考えてみるとまだ暖房器具が控えている
 
大丈夫だ
真冬用の衣類で耐えきれなくなったらヒーターを点ければよい
あとはヒーターの出力を適宜強くしていけばいいだけだ
我慢せず厚手の防寒着を装備していってなんの問題ない


ネックウォーマーからは、半年ほど箪笥にしまっていたことにより
洗剤、柔軟剤、各種繊維の芳香で長期漬けこまれた独特の埃っぽい香りがする
一回着用し、洗濯すると新鮮な洗剤の匂いになってしまうので
これは一回限りの味わいがある





裾に穴のあいたズボンがあった
穴のため、最近はあまり履いていなかったのだが
衣類を片付けていたら目に留まった
代わりになるやつを買って、これは処分しようかな、と思って
 
服屋に行っていくつか見てみたが、どうもこれというのが見つからない
穴があくほどに馴染んだ服に代わるもの、と考えると
新品で並んでいる服は、鮮やかかつ硬質過ぎて見劣りしてしまう
そうすると、何かしら「これ」という決め手がないことには
取り替える踏ん切りがつかないもので

結局何も買わず家に帰ってきて(厳密には靴下を買った)
穴の空いたズボンを見ていたら、繕えば修復できるような気がしてきて
それが唯一の正解のように思え、今日はちくちくと穴を修理する作業をしていた

結果、穴があいたズボンは
穴があきそうなほどぼろいズボンへと生まれ変わった
よしよし
 


少し前にもこんなことがあったな。あのときは靴紐だった
靴は今でも履いているが、靴底もへたってきているようで
足の痛みはそれも一因に思えるので、こちらはいよいよ進退を考えねばならない

数日前の天気予報では、週末は雨になると言っていたが
直前になり、金曜は曇りという予報になってきて
金曜つまり昨日のことだが
実際に雨は降らず、雲の切れ間から青空が少し見えるくらいには
安定した天気だったので、ジョギングに出掛けた
 
最近は少しずつ走る距離が増やせるようになってきて
いつもより少し長めに走ったが、結果足が少し痛くなり
痛みが今日も残ったので、今日は家でおとなしくしておくことにした 
今日は雨の予報が覆らず、一日中雨だった
 
金曜の夕飯に鍋を食べ、今朝はその残りをおじやにしたものを食べた
なんとなく、病気で学校を休んだ日のような気分になる
 

 
先日買い、冷凍したカステラ風蒸しケーキを食べた
冷凍すると、質感がしっかりしつつもカチカチにもならず
これはこれで完成度の高い質感になる
そのまま食うのが一番だが、たくさんある場合は試すのも一興

前回の日記で、生地の泡立った感触がわかるように変化したのでは、と書いたが
同じ日に買ったものを翌日、翌々日と食べたところ、だんだん
しっとりぺっとりした感触になっていったように感じた
出来たてと、時間が経過したもので質感が変わってくるのかな
それとも、何度か食べて味の受け止め方の方が変わってきたのか
時間経過で生地がいくらかしぼんだり、水分が馴染む可能性はあるだろう
個人的には、一日経ったくらいのやつが好きかな


雨のせいかまた一段とさむくなった
つい先日まで半袖で過ごしていたのに、もう綿入れ半纏を導入しなければならなくなった
これを着用するとまた冬がくるんだなという気持ちになる

カステラ風蒸しケーキが復活したという
驚くべきニュースが飛び込んできたのは数日前のことだ
願望が見せた幻覚なのではないかと思ったが、本当のことらしい
 
 
幻覚ではないかと思ったのには根拠がある
カステラ風蒸しケーキの消失以降、ヤマザキのホームページ上で
毎月1日に更新される「今月のおすすめ&新商品」の欄を
「不意に、新商品として復活したりはしまいか」
という淡い淡い期待を胸にクリックし、次の瞬間期待がしゅっと消える
というのが毎月の習慣になっていたからだ
つい先ごろ10月1日もチェックし、虚しさを感じていたばかりだった

それが、復活しているのだという
改めてヤマザキのホームページを見てみたが、やはりそれらしい情報はない
黙ってこっそり復活させたのか、それとも局地的に再生産されたのだろうか
詳しい情報は不明だったが、今日になって時間がとれたので
例によってお客様相談室に電話してみた


本当に、10月から復活しているとのこと!!
 
日本全国で販売されているというが、在庫を調べてもらった限り
うちの近隣地域に限って言えば販売している店はかなり少なく、
昨年の11月と同じくらいかそれより少ないというレベルだった
復活早々厳しい戦いを強いられている
品物は店側の注文によって出荷され、行き渡るものであるらしく
ヤマザキ社が均等に配送するというものではないので
一様に希少というわけではなく、あくまであるところにはある、という感じらしい
 

さっそく出掛け、ありがたく確保してきた
スーパーの棚に陳列された姿を見たら感動的で、涙が出そうになる
最後に見たのはほんの8ヶ月前のことだが、はるか昔の記憶が呼び覚まされるような
懐かしい気持ちになるから不思議だ
 
パッケージがやや細くなったように見えたが、袋の綴じ方が変更になっており
マチができるように折る加工が追加されているせいだった。
パッケージのデザインは大きくは変更されていないが、今年秋のキャンペーンの
シールが貼られていることと
「生地中にハチミツを使用しています」の表記が
「ハチミツを使用していますので、1歳未満の乳児には与えないでください」
と、具体的な表現になっているという細かな変化はあった。
 
また、成分表記がいくらか変わっているようで
全卵→液全卵 卵黄→液卵黄 卵白→液卵白 と書き換えられていた
表記のルールが変わったのか、実際に使用している素材が変わったのか
わからないが、他にも微細な成分量の調整がされてるようで
総カロリー、タンパク質、炭水化物の分量は微減しているものの
脂質が少し増えていた。 
これが何を意味するのかはよくわからない
 


さっそく食べた。
二度と食べることはできないかもしれないと思っていたこともあり
開封した瞬間の匂いだけで胸がいっぱいになる
 
味については、食感が少し変わったように感じた
もうちょっとしっとりぺっとりした感触だったような気がするが
生地の泡立った感触が、より舌で感じられるようになってるように思える

しかし、8ヶ月前に最後に食べて以来、理想化されたカステラ風蒸しケーキの
味を何度も思い返した上、自分で似たものを何度も試作し、食べまくっていたので
当時の本物の味をどれだけ正確に覚えているか、ちょっと自信がない
しかも、食べる前に成分表の違いを見てしまっていたので、違いを探すような
味わい方になっていなかったとも言い切れない
何が言いたいかといえば、最高の味わいであることは以前と何ら変わりなく
なおかつアップデートが図られている可能性もあるという
どう転んでも喜ばしいものであるということです。
 

気になるのは、販売期間についでだ
去年も9月末発売(10月の新発売) だったことを考えると、もしかして
季節を設定して販売されたのではないかという考えが浮かんだ
そうすると、また1月末で販売を終了するのではないかという不安も生まれる
これもお問い合わせのついでに質問した
 
回答は、べつに期間限定のようなものではなく、終売も未定であるとのこと。
店からの注文が減ってきたら、生産終了になっていくというものらしい
なかなかもどかしい状況ではあるが
消えることが決まっているわけではないので、これはチャンスでもある
日頃利用する食料品店に要望を提出するなどしていく必要がある
 
毎日でも食べたいものだが、それを叶えるにはまだまだ努力しなければならない
しかし復活により、再び努力させてもらえることがありがたい
好きな食べ物が、今も日本のどこかで生産されているということは幸福だ
まずは復活を喜び、再起と繁栄を心から願う次第です
 


3月に発売した拙著「おむすびの転がる町」所収の
「カステラ風蒸しケーキ物語」、単行本が発売になる頃には既に生産終了していたため
お読みになった方で、カステラ風蒸しケーキを食べることが叶わなかった方も
多かったかもしれません。今なら少しの努力で実物を手に入れることができますので
気になる方は是非とも探して食べてみて欲しいです 

新型コロナウイルス感染症に関する一連の情勢により
コミティアが存続の危機に立たされています
5月に続き、9月も開催が中止となり、「エアコミティア」という
インターネットを介したイベントが開催されました
 
これに関して、コミティアを支援するチャリティー合同誌に参加しました
発行に関する諸経費を除いた売上の全額がコミティアに寄付されるという趣旨です
記憶を頼りにいつだかのコミティアの日の出来事を描いた1ページ漫画が掲載されています
よかったら見てみてください
 
詳細とご購入は↓
 
 
 
 
 
また、コミックナタリーというウェブサイト上でのコミティア応援企画の一環として
漫画家からコミティアへの応援メッセージの企画にも参加しています
他にも様々なコミティアに関する情報が公開されていますので
よろしければ見てみてください
 
 
 
 
 
コミティアを支援するクラウドファンディングも進行中です
直接的な応援が可能です

今年もマクドナルドで月見バーガーを食べた
この時期、マクドナルドは月見バーガーを期間限定で売るのが慣例となっている
卵の挟まったバーガーが好きなので、時期になると食いに行くわけだ

「エッグチーズバーガー」というのは年中売られているが
これは近年になって発売した通年商品で、かつてはマクドナルドで
卵の挟まったバーガーを食おうと思ったら、春の期間限定てりたまバーガーか
秋口の月見バーガーくらいしかなく、しかもこの2つは他の期間限定単発商品と違い
なんだか知らんが毎年決まった時期に再販する
なのでマクドナルドで卵を食べることすなわち
季節限定のおたのしみ、という長年の刷り込みがある


そのせいで、エッグチーズバーガーにはあまり食指が動かない
昔からの習慣、風物詩として卵バーガーを食いにいくし
マクドナルドもマクドナルドで、エッグチーズバーガーがあるからといって
てりたまや月見をやめてしまうでもなく、時期になるとちゃんと出してくれる
なんとなく、エッグチーズバーガーを食べるとその均衡が崩れてしまう気がする


今年は普通の月見バーガー、チーズ月見バーガーとは別に
濃厚ふわとろ月見バーガーという変わり種を同時発売してきた
せっかくなのでそれを食うことにした
たしかに濃厚でふわとろだったが、思っていたよりはふつうだった
べつに月見バーガーに濃厚さ、ふわとろさを求めてないということに気付いた

来年ももしかすると変わり種出してくるかもしれない
普通のでいいと知りつつも、きっとそれを食べてしまうだろう

「来年も多分そうなんだろうな」ということを考えるとき
それが風物詩であることが強く感じられる気がする



楽園(ル パラディ)ウェブ増刊にて描いた漫画が公開されました。
8月22日更新分です。無料ですので見てみて下さい
 
行き方:下記URLを押す→WEB増刊へGOと書かれた箇所を押す(中段画面左)→8月22日のところを押す→漫画登場。
 http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/


8月8日分でも更新されております(告知しそびれました)ので
今夏三作目ということになります。最初の一作は7月30日です
何卒よろしくどうぞ