住宅地を歩いていたときのこと
喉が渇いたので自販機を探していると、見つかったのは
安値をうりにしている無名ブランドの自販機だった

最も高いものでも500ミリリットルのペットボトル飲料が100円で
ほかに80円や50円のものもあり、でかでかと値段が書いてある

見覚えのあるようなないようなジュースのラインナップのなかに
マウンテンイエロー
という名前のジュースがあった
明らかにマウンテンデューとメローイエローのぱちもんである
ロゴのデザインは昔のマウンテンデューを模した形跡があり
配色はメローイエローそのままという
100円

買ってみることにした
この手の格安自販機でジュースを買うことは意外とないもので
ほんとうにこんなジュースが存在するのか
しれっと別なジュースが出てくるんじゃないの、などと思ってしまう
自分のなかの格安自販機への信頼度の低さに自分で驚きつつも
100円入れてボタンを押すと無事マウンテンイエローが出てきた

どうせマウンテンデューとメローイエローの中間のような味なのだろうと
思っていたがその予想は悪い方に裏切られた
かき氷のシロップを炭酸にしたような、非常に駄菓子然とした味で
マウンテンデューやメローイエローを模したにしては残念なものであり
うーむと思ったがべつに爆発的にまずいわけではないし
喉は潤ったのだから目的を果たすことは出来た、と考えることにした


まだまだ寒い日が続くが
日が暮れた頃の住宅地をてきぱき歩きながら
冷たい炭酸飲料を飲んでもつらくないくらいの気候で
もう春が近いんだなと思った

一呼吸おける感じになったので今日は日記を書いて寝る


NEWDAYSというコンビニがある
おもにJRの駅の中にあるコンビニで、それのテレビコマーシャルをやっていた
初めて見た
そのワンシーンで、youtubeのようなインターネット動画を模した画面
画面の真ん中に、再生ボタンの三角形が表示され
それをよく見ると、おにぎりの写真だった

おにぎりがクリックされ、動画が再生される
おにぎりをクリックするとはね
それで頭がいっぱいになってしまい、もう何の宣伝の映像だったか覚えてないが
まあおそらくはおにぎりの話をしたのだと思う
NEWDAYSに行くことがあればおにぎりを買ってみることにする




「二匹目の金魚」を自分でも読み返している
自分のかいたものを見るのは好きだが、本の形にまとまらないと
なかなか見返すことがないもので、ここ一年ほどの作品だが
節目にあたり、比較的新鮮な気分で振り返る

こうして振り返ると
自分の趣味嗜好、興味関心のターゲットが
少しずつ変化し続けているということを感じる
ひとつひとつ漫画をかいている間は気がつかないものだが
一年というスパンで区切られたものを見ると、移ろいがある
また今後も少しずつ移っていくのかもしれない
その時々の気分に正直にできればいいと思う

かわらないところもあるのだろう
しかしそれは自分にとって空気のような、あるのかないのか
感知しづらい、あたりまえに存在する部分であるように思うから
自分ではよくわからないところでもある




単行本について、感想のメッセージ下さった方、ありがとうございます
このところ個別の返信は出来ていませんが、有難く拝読しています
とても励みになります



通算五冊目となる漫画単行本「二匹目の金魚」が発売になりました

書店によっては、特典がつきます
・COMICZIN(秋葉原・新宿)
・とらのあな各店

それぞれ特製絵柄のポストカードがおまけでつきます。
くわしくは各書店様にお尋ねください
また、その他の書店においても共通絵柄の特典ペーパーがあります
お店によってはつけてくれているみたいです


収録作品について
「動物たち」収録分以降の楽園本誌、Web増刊の発表作品で
おおよそ昨年いっぱいの作品が収録されています
(ページ数等の関係で一部入りきらなかったものもあります)

本作品集より、電子版が同時配信になります。
こちらにも便利な側面はありますが、おすすめは紙媒体です
生産された本がご家庭の本棚で経年変化して、それぞれの場所に馴染んだ
物体になってくれたらというようなことを考えながら作りました
なにとぞよろしくお願いします




●別件でもう一点
ニャロメロン氏の漫画作品「ベルリンは鐘」の連載100回を記念した
寄稿企画に参加させていただきました
絵を描きました。よかったら見てみてください

↓閲覧は以下URLより
http://tap.akitashoten.co.jp/comics/berlinfes/1



ローソンスリーエフを見に行ったが
残念ながら売っているおにぎりはローソンのものだった
あと一週間で最高のツナマヨおにぎりが消えてしまうということがわかった
願わくばもう一度食べておきたかったが難しいだろう

思い出の中でスリーエフのツナマヨおにぎりは至高の逸品として生き続ける
最高においしかったという記憶がこれからずっと脳内で増幅され
今後、どんなにおいしいツナマヨおにぎりが発売されたとしても
太刀打ち出来ぬ記憶の怪物になっていくことだろう

これを読んでいる人のなかで、近所にまだ営業しているスリーエフがある方
もし居たらツナマヨおにぎり食べておいて損はないかもしれませんよ


しかしローソンのおにぎりにも変化があった
思い出したが昨年11月頃に、原料高騰に伴ったおにぎり値上げの際
具材を見直しよりおいしくリニューアルするというニュースがあった

たしかに過去の記憶にある味よりはおいしくなっていたと思う
謎の香りというか旨みのようなものがあった。でも具が少なく感じた
今後も変革があるだろうか





雪が降った
日課の散歩ができなかったのが残念だった
季節感を感じる余裕くらいは持っていたいものだが

あけましておめでとうございます

急がしくしていたらあっという間に一年の24分の1が過ぎてしまった
今月末に発売になる単行本に関する作業をやっているところで
隅々まで気持ちの入れてつくっており、どうにか形になりよかった
半月後には発売になっていると思いますのでどうぞお楽しみに

年が変わって以降はあまり外出もせず
粛々と過ごしているが近所を散歩するのは日課として継続してる
春のような日もあれば刺すような寒さの日もあった
今日は比較的暖かかった



スリーエフについて
今月末で、コンビニチェーンのスリーエフが消滅するという。
ローソンと統合になり、「ローソンスリーエフ」という店名の
新しい店としてやっていくらしい

個人の感想だが、コンビニのツナマヨおにぎり界に於いてスリーエフは
最高の味のものを提供しており、逆にローソンはあまり優秀ではなく
単純にスリーエフがなくなってしまうのは大きな悲しみではあるが
ローソンがスリーエフと手を組むことによって自社製品の改革を成し
新たなうまいツナマヨおにぎりが生まれればそれは良いことだと思う
 
もしくは「ローソンスリーエフ」店では別個にスリーエフ製品を
継続販売するようであれば、最高ツナマヨが存続することになるので
近いうち確かめに行きたいところです


近頃は店が多く入手しやすくてうまいという理由からセブンイレブンの
ツナマヨを食うことが多いが、それを見る限り年に何回かは成分の調整を
行っているようだし、ローソンはまずいという固定観念からこのところ
あまり進んでローソンのツナマヨを食べなくなっているので
もしかしてすでにスリーエフとノウハウを共有し、うまいものになってるという
可能性もあるので好き嫌いせず食べたほうがいいな



自転車について
大晦日の夜と元旦の夜に見た夢両方に自転車が出てきた
折りたたみ自転車欲しいとぼんやり思っていたからかな
今年のうちに買おうと思う



植物について
育てていた熱帯植物が秋頃寒さで枯れ落ちてしまい
悲しみつつも部屋に引き上げて様子を見ていたが
新しい葉が出てきているのを見つけた
今年も成長することに期待したい

テレビを見ていたら、鏡餅のコマーシャルをやっていた
いよいよ正月ムードという感じだが

鏡餅とはいっても、あの平たいまんじゅうを二段重ねたような
形状の餅の部分は中が空洞の樹脂製で
そこに個装された切り餅がいくつか入っているという商品らしい
その鏡餅のコマーシャルでは、三人くらいの晴れ着を着た女性が
鏡餅を持ってPRしていた

次の瞬間、なんと女性たちは中身を取り出したあとの樹脂製鏡餅を
手でぺしゃんこに潰して捨てたのである
その次は鏡餅を真っ二つに引き裂いて破棄していた
えーっと思って


このコマーシャルは鏡餅の容器部分を手軽に破棄できるということを
宣伝する趣旨のものだったらしい

縁起物を手でぶっつぶしたり引きちぎったりしているところを
軽妙でおめでたいムードの映像にあわせて
ニコニコアピールするのは妙な違和感があり、目が釘付けになった
べつにばちあたりだろうとか怒りが沸くようなことはないが
なんとなく常軌を逸しているような感じはあった


そして、このコマーシャルからわかることがもうひとつある
人は、どうやら鏡餅の処理に困りがちであるということだ

鏡餅商品のアピールポイントとして
「捨てやすい」
ということを全面に押しだすということは、鏡餅メーカーは
お客が捨てやすい鏡餅を求めており、それを打ち出すことで
宣伝的に効果があると考えているということになる

そうなんですか
みんな、鏡餅の後処理が面倒だと思ったり、もっと捨てやすければと
潜在的に思っていたのか、そしてそれをすくい取るコマーシャルが現れた

鏡餅界隈のいびつな実情が立ち現れたようで、なんとも言い様のない
すごく薄味の哀愁のようなものを感じたが、コマーシャルの映像が持つ
正月ムードの賑やかなおめでたさがそれをかき消していた




2017年ももう終わり
今年は思い返せばあまり起伏のない穏やかな一年だったような気がする
穏やかでないことを忘れただけかもしれないが、せっかくならあまり考えず
その気分のまま年を越したいとおもいます
よいお年を



2018年1月2日、まんだらけ中野店の4階にある「なんや」にて
「小いのぼりくん」のガチャガチャ販売が開催されます

今回販売されるのは基本的には写真のような無彩色バージョンで
当たりとして彩色版がたまに混ざっているという内容です
一日限定のイベント販売ですが、初詣のついでにおみくじ感覚で如何ですか。

くわしくは
https://mandarake.co.jp/dir/nkn/nanya/2017/12/24/201812.html



楽園(ル パラディ)ウェブ増刊にて描いた漫画が公開されました。
今期二本目、本日12月20日更新分です。無料ですので見てみてください


行き方:下記URLを押す→WEB増刊へGOと書かれた箇所を押す(中段画面左)→12月20日のところを押す→漫画登場。
 http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/



それと楽園年賀状贈呈企画の応募締め切りが今日までです
日付が20日までのうちは応募が有効だと思いますので
よろしかったら応募してみてください。細かいことはこの下の日記に書いてます

楽園(ル パラディ)ツイッターの主催で
抽選で楽園編集部より年賀状が届くという企画をやっています
その年賀状の絵を描きました

応募締め切りは12月20日とのことです
応募方法のくわしくは楽園ツイッター(https://twitter.com/rakuen_info)の
12月14日の投稿をご覧ください
今年最後の運試しにひとついかがですか