新型コロナウイルス感染症に関する一連の情勢により
コミティアが存続の危機に立たされています
5月に続き、9月も開催が中止となり、「エアコミティア」という
インターネットを介したイベントが開催されました
 
これに関して、コミティアを支援するチャリティー合同誌に参加しました
発行に関する諸経費を除いた売上の全額がコミティアに寄付されるという趣旨です
記憶を頼りにいつだかのコミティアの日の出来事を描いた1ページ漫画が掲載されています
よかったら見てみてください
 
詳細とご購入は↓
 
 
 
 
 
また、コミックナタリーというウェブサイト上でのコミティア応援企画の一環として
漫画家からコミティアへの応援メッセージの企画にも参加しています
他にも様々なコミティアに関する情報が公開されていますので
よろしければ見てみてください
 
 
 
 
 
コミティアを支援するクラウドファンディングも進行中です
直接的な応援が可能です

今年もマクドナルドで月見バーガーを食べた
この時期、マクドナルドは月見バーガーを期間限定で売るのが慣例となっている
卵の挟まったバーガーが好きなので、時期になると食いに行くわけだ

「エッグチーズバーガー」というのは年中売られているが
これは近年になって発売した通年商品で、かつてはマクドナルドで
卵の挟まったバーガーを食おうと思ったら、春の期間限定てりたまバーガーか
秋口の月見バーガーくらいしかなく、しかもこの2つは他の期間限定単発商品と違い
なんだか知らんが毎年決まった時期に再販する
なのでマクドナルドで卵を食べることすなわち
季節限定のおたのしみ、という長年の刷り込みがある


そのせいで、エッグチーズバーガーにはあまり食指が動かない
昔からの習慣、風物詩として卵バーガーを食いにいくし
マクドナルドもマクドナルドで、エッグチーズバーガーがあるからといって
てりたまや月見をやめてしまうでもなく、時期になるとちゃんと出してくれる
なんとなく、エッグチーズバーガーを食べるとその均衡が崩れてしまう気がする


今年は普通の月見バーガー、チーズ月見バーガーとは別に
濃厚ふわとろ月見バーガーという変わり種を同時発売してきた
せっかくなのでそれを食うことにした
たしかに濃厚でふわとろだったが、思っていたよりはふつうだった
べつに月見バーガーに濃厚さ、ふわとろさを求めてないということに気付いた

来年ももしかすると変わり種出してくるかもしれない
普通のでいいと知りつつも、きっとそれを食べてしまうだろう

「来年も多分そうなんだろうな」ということを考えるとき
それが風物詩であることが強く感じられる気がする



楽園(ル パラディ)ウェブ増刊にて描いた漫画が公開されました。
8月22日更新分です。無料ですので見てみて下さい
 
行き方:下記URLを押す→WEB増刊へGOと書かれた箇所を押す(中段画面左)→8月22日のところを押す→漫画登場。
 http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/


8月8日分でも更新されております(告知しそびれました)ので
今夏三作目ということになります。最初の一作は7月30日です
何卒よろしくどうぞ

山奥の温泉地
脱輪したらえらいことになりそうな一車線の未舗装の山道を
延々行くと温泉地がある
冬に一度来たことがある。その時は積雪があり
今よりも危なっかしい道だったことを思い出す

温泉地に着くと、お土産屋が二軒ほどある
中を見ると、品揃えが異様に古い
洗剤やタオルといった生活雑貨もあるが、全部昔の商品
しかし陳列は小綺麗で、どうもあえて古いものを並べている様子
聞くところによれば、古くなって立ち行かなくなった土産物屋を
現在の店主が古い品物ごと買取り、あえてその古さを前面に出した
風変わりな店として再出発したものだという
確かに物好きでないとこんな品揃えにならんよな、と思って納得する

パン屋の目の前で焼きそばの屋台をやってて
コッペパンが焼き上がると同時に焼きそばが出来上がり
それらを即座に組み合わせて作った焼きそばパンがもしあったら
それは最高に贅沢な品だと思う



夜中腹が減ったら寝てしまうに限る



Tシャツ四種の品物が完成し
ご予約頂いた方へ発送が完了したとのことです。
順次荷物追跡番号がお知らせされると思います。
夏のお供にしていただければ幸いです
到着をおたのしみに

Tシャツ、多くの種類はまだ在庫ありますが
残りわずかのものもあり、いずれも売り切れ御免ですので
お求めの方はお早めにどうぞ


楽園(ル パラディ)夏のWEB増刊が開始しており
7月30日更新分で描いた漫画が公開されました。
無料ですので見てみて下さい
 
行き方:下記URLを押す→WEB増刊へGOと書かれた箇所を押す(中段画面左)→7月30日のところを押す→漫画登場。
 http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/

むかし通学路の近くにあったトンネルの総延長の数字を思い出した
銘板に書いてあったのを当時なんとなく記憶したものを
ふとしたときに、ぱっと記憶が蘇った
まあそういうことはある


何年も何十年も思い出されることなく頭にしまわれている記憶がある
なんかの拍子にぱっと思い出したり、それでまたふっと頭から消えて
それに関してべつに何も思わないような些細な記憶があったりするが

人の体は新陳代謝を繰り返しているし、幼少の頃の記憶とすると
身体は成長を続けているから、頭自体の大きさも大きくなったりするだろう
その間、一度も思い出すことのなかった記憶が
長い時間を経てふっと蘇ってくるとき、それがはたしてどれくらい
当時の記憶に忠実なものなのか、ぜんぜん信用できないような気がしてしまう

小さい子供の頃に読んでいた本、ずいぶん寸法のでかい本と思っていたのに
大人になってから見ると、思ったより小さい本だったんだなと思う
それは体が大きくなったということももちろんあるんだろうが
小さい頃に小さい脳に記憶した本のサイズごと脳が成長して
成長とともに記憶も引き伸ばされ、実際よりも大きなものに
すこしずつなっていくのではないだろうか
小さい頃に負った肌の傷が、成長とともに拡大されるように

頭の中にしまわれた記憶は、体の成長の影響を受けて
主観的には変に感じなくても客観的には拡大して、歳をとっていて
いつのまにか別もののようになっていたりするのではないか

そんな想像をする


記憶が残っていること自体も不思議だ
頭からすっぽり消えた記憶が、ふとしたときにすっと思い出されるとき
新陳代謝や成長によってどんどん記憶媒体であるところの脳が変化していってるのに
思い出すことのない記憶までキープされ続けているのは
自分のことながら妙なかんじがする



LINEスタンプその②が発売になりました。
LINEスタンプとは、「LINE」というメッセージをやり取りするサービス内で
言葉でのやり取りの中に組み込める絵です

その①からだいぶ間が空きましたが、今回は単行本「二匹目の金魚」 以降を中心に
やり取りに使えそうな絵をチョイスして収録しています。全40種。
その①共々、よかったら使ってみてください

詳しくはこちら
https://store.line.me/stickershop/product/12530293

ジョギング用に使っている靴の紐が擦り切れてしまい
紐をしめることができなくなってしまった

多分五年くらい履いてるのかな
よく擦れるところに少し穴が空いてきていたり
靴底も減りつつあり、なにか致命的な壊れ方をしたら
もう買い換える頃合いかもしれんな、と思いながら履き続け
さてジョギングに出かけるか、という玄関先での出来事だった


まいったな、と思ったが
靴紐の切れたところを避け、ぎりぎりの長さの紐をなんとか留めることで
ひとっ走りは耐えることができそうだったので、それで走った


ずたぼろの紐でも、問題なく走ることができた

買い替え時かもとすら思ったのに、致命傷を負っても
問題なく活躍する靴に乗っかって走っていると
妙な頼もしさというか
これは紐さえ替えれば、まったく問題ないな
という気持ちにどんどんなってきたのだった
家に着く頃には、買い換える気なんてすっかり失せてしまった

それが昨日のことである

今日は、ちょっと晴れ間が出たので、紐を替えるついでに
靴を洗ってやることにした
雨上がりの未舗装路を走ったりしたので、泥汚れがそこそこあったため
そのまま紐だけ替えるのもな、という気になったのだった

ちょうどいい紐が家にあったので、夜乾いた靴に搭載してみた
いい具合に収まった。
めでたく機能と清潔を取り戻し、くたびれながらもしゃっきりとした靴を見ていると
買い換えようかなどと思ってたのが申し訳ないような気にすらなってくる
もうしばらく世話になろう



愛着が発生したことがわかった
単なる道具として履き、傷んだら買い換える消耗品として捉えていた靴が
自分の体の一部、というと大げさだが、そこに一歩近づくような
心のなかでランクアップしたような感じがした
運動靴なんて、洗ったりはすれども性質上不可逆に消耗していくものであるから
今までそういう意識が沸きづらかったのかもしれないけど

自分の中の、靴の存在感が昨日と今日で違う
愛着というのは、少しずつ積み重なって発生するものかと思ってたけど
発生の瞬間が明確にわかるときもあるんだな


しかしこうなってくると、また別の意味で
致命的にぶっ壊れる前に新しい靴を買うべきなのではないか
とも思えてくる