楽園(ル パラディ)ウェブ増刊にて描いた漫画が公開されました。 
4月10日更新分です。無料ですので見てみて下さい
 
行き方:下記URLを押す→WEB増刊へGOと書かれた箇所を押す(中段画面左)→4月10日のところを押す→漫画登場。
 
 
 
春のpanpanyaまつり二個目、「ここはどこでしょうの旅②」です
①の続きというわけではなく、独立した話ではありますが
ぜひ①と併せておたのしみください





以下日記
久しぶりに電車に乗る機会があった
座席に座っているだけで移動することができ、駅ごとに扉が開く
それぞれの駅には別な景色があり、別な店が別なものを売っている
目的地までは降りないが、仮に降りれば知らないものがあるということになる
駅につくたびにそういう可能性の扉が開いたり閉まったりする
目的地があるのに、そういうことを考えると気が遠くなる
久しぶりだとそういうことだけでけっこう嬉しい感じになるもんですね


買いたいものがあって立ち寄った店に目的のものがなく、その駅に用がなくなった
丁度昼時で、せっかくだからこの町でなにか食べようと見ていたら
ラーメン屋があり、店先に油そばと書いてあった
 
油そばはいいよね
これはつけ麺の話になると毎回する話だが
ラーメンの肝であるスープは、なかなか全部飲み干すのが難しい
塩辛いし脂っこいし、体に悪いからね
でも肝であるし、出てきた食べ物の肝の部分を食べきらずに残すのは
しのびなく思えて、ついがんばって飲み干したりしてしまう
それが、ラーメンを進んで食べようとあまり思えない要因になっている
これは、構造的欠陥のように思える
 
その点つけ麺や油そばはそれをクリアする構造になっているから 
ストレスなく食べることができるので、優れているという個人的見解である
そういうわけで、油そばを食うことに決めた
 
店内には各座席にタッチパネルが設置されていて
それで注文するタイプの店だった
油そばの項目を見てみると、大盛り変更無料と書かれていた
にんにくと背脂が足された感じのメニューなどもあり
どことなく大食漢向けの気配を感じるラインナップだった
 
同じ値段なら、たくさん入ってる大盛りを注文した方が得なのは明白だが
食べきれず苦しい思いをしては本末転倒である
これでは、ラーメンのスープを飲み干すのと同じことだ
勿体ないから、得だからと苦しい思いをしてスープを飲み干すという
それが嫌で油そばを食べようとしているのに、同じ過ちを繰り返すところだった
大食漢向けの店で大盛りを頼んで、どれほどの量が来るかわかったもんではないし
冷静に、温玉が乗っただけの並盛を注文した

つるつるした麺に温玉とタレが絡んでとてもおいしかった
食べ終わったとき、ここにもしもう少し麺が追加されていたとして、食べられたか
どうかをつい考えてしまい、ひょっとして食べれたのではないかと思って
少し損した気分になってしまった
 
美味しいものを食べて損した気分になるのは残念なことだ
ここにも改善の余地があるのではないだろうか
余計なお世話だが


楽園(ル パラディ)春のウェブ増刊が開始しており
4月1日分で描いた漫画が公開されています。
 
行き方:下記URLを押す→WEB増刊へGOと書かれた箇所を押す(中段画面左)→4月1日のところを押す→漫画登場。
 http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/
 
毎年恒例、春のpanpanyaまつりの一個目です
期間中何度か登場しますのでどうぞおたのしみに

ガラス張りの屋内に、直径が7メートルくらいある円形の生簀がある
生簀は地面に埋まっていて、周囲には胸の高さ程度の鉄の柵がある
生簀の中には、パグのような犬が数頭、アシカのように泳いでいる
吠えもしない、穏やかなかんじの犬で好印象を持った
 
ここはペットショップで、犬は売り物であるらしい
一頭20万円くらいだった



資料性博覧会14の会場販売グッズの情報が公開されました。
 
ふろしきとバッグがあります。
ふろしきは、前回のものと比較してサイズが大きくなり(52×52cm→70×70cm
布地の質感もより風呂敷らしい佇まいとなっています。
その分ハンカチ用途には使いにくいかもしれません
様々な資料を包むのに活用できます
 
バッグは会場で購入した資料を持ち運ぶのに便利です
こってりとしたシルクスクリーンの黒インクで線画が表現されています
イベント名や日付も入っているので、お土産、記念品としてもよさそうです
 
また、定番のポスターも販売されます
A2サイズ。大きな印刷物です


今回も、感染症対策のため一般参加は入場制限、入れ替え制になっており
参加される方は事前にパンフレットの入手が必要であるとのことです
くわしくは公式サイトの案内を御覧下さい

 
 
予約を募っていたグッズの製造が完了したとのことで 
長らくお待たせ致しましたが
3/8 (月)頃から順次発送が開始されるとのことです
到着をどうぞおたのしみに
 
トートバッグ、ブックカバーともに 予約数から多めに
見積もって製造されましたので、まだ在庫ございます
この機会にぜひどうぞ



楽園(le paradis)35号が発売になりました
「登校の達人」という題の漫画を掲載して頂いております
ぜひ見てみて下さい。
お求めはお近くの書店かインターネット通販で

楽園(le paradis)ウェブサイト
https://www.hakusensha.co.jp/rakuen/vol35/ 

amazon通販ページ
http://www.amazon.co.jp

確定申告をやった
昨年までは、つくった書類を税務署に持っていって出していたのだが
今年から、e-Taxというオンラインで提出する方法にしたので
パソコン上で手続きが完了してしまった


例年、確定申告を終えたらつけ麺を食べに行くことにしてる
いつだったか、確定申告の書類に不備があって
二回くらい税務署に行ってようやく方がついたということがあった
それで、なんか気晴らしにうまいもんでも食って帰るかと思って
つけ麺を食べたんだったと思う
その翌年も、書類提出の達成感とともになんだかんだつけ麺を食べることにして
二年連続すると、まあ翌年もそれを思い出してつけ麺を食べるわけで
三年も続けばそれは風習になってしまうのだった

今年は、提出のために出かけることがなかったので、どうしようと思ったが
昨日、生活必需品の買い出しのついでに食べにいくことにした
何度も通りかかったことのある道端にある店にはじめて入った
なかなか美味く、気に入りました
他に二軒、確定申告つけ麺用の店があるが、ラインナップに加えようと思った
 


文明堂の売り場に行き、おやつを物色していたら
「かすてらボーロ」なるお菓子を見つけた
分厚いクッキーのような、つぶれた饅頭のような見た目で
うまそうだなと思い、買って帰ることにした

食べてみると、カステラとしては硬く、かといってたまごボーロのような
ぽりぽりした感触でもなく、甘食か、よく焼いたどらやきの皮のような
何の変哲もないといえばそうだが、いつ食べても少し嬉しくなれるような
原始的で素朴な良さがあるものだった。定期的に買ってしまうかもしれない
名前もいい。かすてらボーロ。

あと、前回買っていいかんじだった「おやつカステラ」が
今日は山積みになっており、プレーンのほかにチョコレート味もあったので
それも買ってみることにした。これはまだ食べてない
 
ポイントカードをもらえた
500円ごとにスタンプを押してもらえるシステムらしい
かすてらボーロとおやつカステラで丁度500円を超えたので、スタンプがもらえた
ほんの僅かな達成感が、そこに生まれる
これは確定申告カステラの風習が新たに誕生してしまうかもしれないな
それか、確定申告に関わらずリピートしてしまって
特に特別感のないカステラ習慣になる可能性もある
それもまたよし

Amazonの電子書籍Kindleで楽園のコミックスのセールがやっており
買った金額の半額分のポイントが戻ってくるようです
つまり実質半額になるというものです
 
以前も半額セールやっていたことがありましたが
今回は最新巻「おむすびの転がる町」も対象になっています

 
先日刊行された冬のウェブ増刊の電子版も対象になっています
「カステラ風蒸しケーキ物語」の完結編をお得に読もう

幼稚園児の頃のこと
通っていた幼稚園では、先生が画用紙で作った花や動物といった
飾りが窓にセロハンテープで貼り付けられ、デコレーションされていた
色とりどりの画用紙にマジックで描かれた絵を
その形に沿って切り抜いたかんじのもので、大小様々あったように思う
 
絵は、その季節に即したモチーフで統一されていて
季節が過ぎると、新たな季節に準じた絵に貼り替えられることになっており
その際剥がされた古い飾りは、ほしい子供に配布されるという流れが定番だった


ある時、チョウチンアンコウの飾りが貼られていたことがあった
多分魚や海のモチーフで統一されていたので、夏の時期だったのかな
細かいことは覚えていないが、とにかくチョウチンアンコウがあった
 
黄色い画用紙だったと思うが、二重丸のとぼけた目つきに
にっこり笑ったたらこくちびるの、コミカルなものだった
 
その絵が、とても好きで
貼り替えが近くなると、配布されるのが待ち遠しかった
欲しかったんだよね
でもこんなに魅力的な絵だから、 きっと競争になることだろう
戦々恐々としながら、ついに配布されるときがきた
 
 
先生がひとつひとつ、絵をピックアップし
「ではイルカがほしい人」
「ペンギンがほしい人」 
といったかんじに子供に手を挙げさせる
人気があるものも、そうでないものもある
欲しい人が複数居たらじゃんけん等の方法で決着をつけ
次々に引き取り手が決まっていく
 
「チョウチンアンコウがほしい人」
かなりの緊張感と覚悟でもって元気に挙手をしたが
他にほしい人はひとりもいなかった
奪い合いが起きることもなく、すんなりと我が物になった
記憶にある限りでは、この時人生で初めて拍子抜けの気持ちを味わった


以後かなり大事にしていたが、わりと早い段階でチョウチン部分がちぎれてしまい
悲しかったがまあ子供の取り扱いだしデリケートな部品だから当然起こりうる
セロハンテープを包帯のように巻きつけて補修したことを覚えている
 
それも引っ越したりなんだりするうち、どこかへいってしまった
捨てたとは考えにくいからどっかしまってあるのかもしれないけど。
 
テレビにチョウチンアンコウが出てきてそのことを思い出した