「うだつの上がらない」という言い回しがあるが
「うだつの上がらないサラリーマン」という用法以外で使われてるのを聞いたこと無い気がする
他にもうだつの上がらないものはいろいろあるのだろうけども

うだつの上がらない、というと、ぱっとしない、さえない、というような意味合いで
使われていることが多いように思うが
つまり、うだつが上がるというのはぱっとした、冴えてる出来事なのだろうな

そもそも「うだつ」とは何なのだろうか

調べてみると、漢字では「梲」 あるいは「卯建・宇立」と書き
日本家屋の屋根につける小型の柱あるいは防火壁のことで
そのうち実用性よりも装飾的な意味合いが強まり、裕福な家が飾りで屋根の上に
うだつを装着する、金持ちの家を象徴するパーツになったものだという
そこから転じて、富や名声の意味でぱっとしないことを、うだつが上がらないと
言うようになったのだそうだ
なるほどね




何故か、車の光るナンバープレートのことを思い出した
あれ好きなんだが近頃はあまり見かけないような気がする

ナンバーの数字を光るものにするには、それなりに手間と金銭がかかるだろうし
逆にナンバープレートに色のついたプレートをつけて数字を目立たなく
するような人もいるくらいだし、減少傾向にあるのかもしれない

そもそも車のナンバープレートというのはさほどかっこいいもんでもないし
なんとなく、とりあえず人と違う目立ったものをつけたい、光らせたいという
ピュアな欲求によって、手間と金銭がさらっと出せる場合に着くのだろう
いまでも街角で見かけると、ちょっと得した気分になる



機能としての意味はそれほどなくとも、富の象徴として装着するもの、というところで
光るナンバープレートのことを連想したのだった
しかし光るナンバープレートが現代におけるうだつなのかというとまた少し違う気がする

いずれうだつの上がった家の主になるぞ、という考えと
いずれ光るナンバープレートの車のオーナーになるぞ、というのは
ちょっと趣旨が異なってくる
まあそれについてはどうでもいいか


ともかく、今後街角で日本家屋を見たとき、うだつを探してしまうと思う
そのとき、「ああ、うだつが上がっているなあ」と思うだろう

卒業式の風習について話している
九州のある地域では、壇上に国旗や校旗のほかに
ストーンヘンジのマークの旗を並べて掲げていたという

ストーンヘンジはイギリスにある巨石を組み合わせた門のようなもので
その旗が何を意味するものなのかはよくわからないらしい

どうやらそこ以外でもストーンヘンジ旗を掲げる地方があるらしい

忙しさを理由に日記を書かないと書く習慣が失われてしまうな
また忙しいと日記に書くことも少なかったりするから拍車をかける
なにかひねり出して書いてから寝ることにする




今朝、玄関を出たすぐ横のところにムカデが出現した
速やかに駆除したがいやな季節になってきたな
今年誕生して順調に成長したかんじのサイズだった


ポポーの木はじわじわ育っているようだが
いちばん新しく育ったてっぺんの葉っぱが虫にくわれていて
穴がたくさんあいていたので、なにか対策したほうがいいのかもしれない
いい実がなる木は葉っぱもうまいのかな

防虫の薬とかをやったらいいのだろうか
一般的に、農薬というと人体に有害な、無しで育てるに越したことはないような
イメージで語られることが多いように思うが、植物にとって有害なものを退け
健康に育つことをサポートする薬なわけだから、当然有益な面もある

無農薬、有機農法といった手法がぐうの音も出ない最良の手段であるという考え方も
非常にあやふやな先入観なのかもしれない

人間だって蚊取り線香を使ったり薬を飲んだりして健康に過ごしているわけで
固定観念にとらわれず農薬や人工肥料を使ってもよいのかもしれない




アイスコーヒーがうまい時期になってきた
おれは年中コーヒーを飲んでいて先日までホットコーヒーばかりだったが
アイスコーヒーに切り替えた
アイスコーヒーはホットにくらべると腹にたまるような気がする
ホットはいくらでも飲めるのに不思議なもんだが

小学校の教科書で「新しい国語」とか「新しい算数」といったような
「新しい」が頭につくやつを見たことがある

新しさがどういう種類のものなのかはともかくとして
古いよりは新しいほうが小学生にとっては感じがいいのかもしれない
勉強なんていうのは小学生にしてみたらそもそも面白くなりづらいものだと思うが
「新しい」といわれると、

もしかしたら、今までのものとは違って面白いのかもしれないぞ

という気持ちになるかもしれない
挿絵が現代的だったり、表記が現代的であったり、親しみやすいものかもわからん
子供にとって何かしら有益な改良があるように感じられる



いま調べてみたら、「新編 新しい国語」というのが出てきた
新しいもののそのまた新編なのか
こうなってくると、なんだか新しさの押し売りのようで
必死になるところが怪しい という気にもなってくるというものだ
と一瞬思ったがそうでもないかもしれない






教科書というと、配られたてのときの匂いをいまでも鮮明に思い出せる
あの紙質、教科書以外のふつうの本ではあまり出会わない紙な気がする

匂いといえば
小学生のときに母が買ってきてくれた五冊パックになったノートの
紙の匂いが銀杏のようなへんな臭さがあるものだった
パックのやつはビニールで密封されてるから買って開けないと匂いはわからないものだが
残念な気持ちになった。有名メーカーのものではなかったので、子供ながらに
得体のしれないメーカーの品は信用ならないなと思った

ノートの匂いは勉強の意欲に関わるから重要なことだ
そのノートと同時期にやってた算数ドリルまで悪印象が波及して
なんとなくネガティブな記憶としてセットで蘇ってくる


いま思えば銀杏臭いノートなんて珍しいから、今なら面白がって使えるかもしれない
と一瞬思ったがそうでもないかもしれない

コミティアが無事に終わりました
来てくださった方、ありがとうございました
関係者の方々おつかれさまでした

ということをコミティアが終わってすぐに書こうと思いましたが
もたもたしてるうち日が経ってしまいました


当日はグッズの販売と、それに関連したちょっとしたペラ紙を配布しました
グッズを作るに至った経緯を簡単に解説したかんじのものです
グッズは引き続き予約受付中です





なんとなく手に力が入らないような日々だ
ジョギングでもして気分を晴らそうと思ったが午後から雨になってしまったので
本を読んだ。読みかけのを二冊読み終えたので
もう一冊、最近斜め読みしただけになっていた本をもう一度軽く目を通した


ここのところ夏かと思うような日があったりする

ポポーの木の新芽らしきものがぐんぐん成長して、青々とした葉っぱが
数枚にょきにょき出てきた
見るたびに、よしよしと思って葉っぱをなでてる

テクノロジーによって距離が縮んだということを感じる


たとえばグーグルストリートビューというウェブサービスは
世界各地の道路を360度見回しながら移動することができたり

デジカメでは高解像度の写真が手軽にたくさんとれて、それらは自動的に保存され
現像なんてしなくてもデジカメの後ろのモニターや取り込んだパソコンですぐに閲覧できる
行った場所の写真をとるのも、見るのもずいぶん手軽になっている

また、子供のころと比べたら移動の自由度が飛躍的に増した
それは時代の変化というよりは、自分が大人になり様々な自由を得たということだが
電車に乗って遠くまで出かけることができる
バイクの免許と車両があるから、乗って出かけることができる
飛行機やフェリーに乗れば、もっとどこでもいけるだろう

子供の頃に自在に行ったり見たりすることの出来なかった場所が
いまでは圧倒的に自由にアクセスすることが可能になっている
その気になれば海の向こうにも行くことができるし
今すぐ海外のストリートビューを見ることもできる



遠く離れた土地にいる友人と電話やオンライン通話、メールができる
写真などを共有することもリアルタイムに出来る
いろいろなものを隔てていた距離がどんどん薄まっていってる


それゆえに、尊さも薄れてるような気がしていて
なんだか、遠い手の届かない土地に思いを馳せることの重みが、このところ
どんどんなくなっているような気がしてそれが寂しい

果てしなく思えるような距離のどうしようもなさを時々感じたくなる
便利になることの味気なさといってしまえば、ありふれた言い方になるが






今日もジョギング行った
いつものルートを逆走してみたところ
そちらのほうが坂の配分がよかったのか、全体で五分くらい早く回れた
同じ場所に戻るわけだから、逆走したところで移動距離も高さも変わらないわけだが
こうも違うものとは思わなかった
今度からこの方向のルートも取り入れていこう



ゴールデンウィークですが、関わっているイベントが二つあります


資料性博覧会09
開催日:2016年5月3日(火) 
時間:11:00~16:00
会場:中野セントラルパークサウスコングレスクエアB1コンベンションホールA+B+C

くわしくは公式サイト↓
http://www.mandarake.co.jp/information/event/siryosei_expo/


ゴールデンウィークの恒例行事でございます
「こいのぼりくんソフビ人形」も今年で三年目。黒(真鯉)、赤(緋鯉)ときて
今年は青(子鯉)が販売されます
限定数があり、会場で抽選販売だと思います

また、例によってイベントのポスターを描かせて頂いており
そのポスターが会場で販売されます。A2サイズで一枚300円とのことです。お土産にどうぞ
面白いイベントですのでぜひお出かけ下さい






あともう一点、コミティアがあります

コミティア116
開催日:2016年5月5日(祝/木) 
時間:11:00~16:00
会場:東京ビッグサイト東4・5・6ホール

スペース番号:G77a。

今回は刊行物が作れませんでした。すみません
しかし先日告知したTシャツ、トートバックを、六月の正式発売にさきがけて販売します
よろしければお立ち寄り下さい。

コミティアに来られないけどTシャツないしトートバックほしいという方は
以下URLから通販の予約注文ができますのでこちらでよろしくお願いします
https://panpanya.booth.pm/

「坂の上の雲」の夢を見た

坂の上の雲は、司馬遼太郎の歴史小説で、小説は読んだことないが
何年か前にテレビドラマになって、放送していた
面白そうだなと思って、再放送されていたやつをまとめて録画したのだが
まとまった話数をぼんと録画したものだから、なんとなく見始めるタイミングを
逃し、結局予告と本編をちらっと見ただけで、放置していたのだった



今日見た「坂の上の雲」の夢は
思い出してみると全く坂の上の雲関係ない夢だった

竹中直人演じるあの世の案内人が、三途の川を渡る船のチケットを
主人公にくれるが、べつに今出航するやつにすぐ乗らなくても良いというので
あとで出発するやつに乗ることにして、現世でやり残したことを片付けるため
とどまることにする、というような筋だった
何となく感動的なものだったような気分だけが夢の手触りとしてあった



それで思い立って、録画してあった坂の上の雲を引っ張り出してきて
今日はそれを見てみることにした
一話が90分もあるので、何話かしか見れなかった

役どころは違ったが、竹中直人が本当に出てきて驚いた
夢とはあんまり関係なかったがドラマは面白かったので、続きも見ようと思う





今日は風がびゅうびゅう吹いて天気が良かった
気温が心地よく、風のちからによって少しひんやりした新鮮な空気で
こんな日にどこか見晴らしのいい場所に出かけたらよかっただろうな
それで凧揚げでもしたら風に乗って自動的に高くまで上がるかもしれんな
道の駅でフランクフルトでも食うのも良いだろう

ゴールデンウィークに入ったので、道が混んでいるというニュースがあった
空想のゴールデンウィークに凧揚げとフランクフルト、実際は録画を家で見てた
明日はどこかにでかけてもいいかもしれない



楽園(ル パラディ)ウェブ増刊にて描いた漫画が公開されました。今期五本目。
4月29日分です。無料ですので見てみてください。


行き方:下記URLを押す→WEB増刊へGOと書かれた箇所を押す(中段画面左)→4月29日のところを押す→漫画登場。
 http://www.hakusensha.co.jp/rakuen




この更新で、今回の楽園春のWEB増刊は全日程の更新が完了しました
次回のWEB増刊の開始までの間、全作品を閲覧することができます

「春のpanpanya祭り」もこれにておしまいです
春の新生活の時期であることから、全五回の引っ越しシリーズをやりました
連作という形態は、初めての試みでもあります
3月19日、28日、4月6日、15日と公開されていますので
よろしれけば順を追って今一度お読み頂けると幸いでございます