①グッズ通販予約受付について
13日の月曜日いっぱいで集計し、生産に移行します
この期間内に予約いただいた分(+α)の数生産されますので
以降は売り切れ次第終了になります
バッジ類は数に余裕がありますが、スウェット類に関しては少なめなので
確実入手を希望される方は13日中までの予約をおすすめします

こちらから https://panpanya.booth.pm





②三月末に、通算七冊目となる単行本が発売予定です
タイトルは「おむすびの転がる町」
どうぞお楽しみに

年末に日記でカステラ風蒸しケーキを安定して入手できている旨書いたが
一月に入り、当該店舗の入荷がストップしてしまった

最初に店に行ったのは1月3日
箱根駅伝を見終わって初詣に出かけたついでに寄ったときは
まだ値札表示は残っていて、たまたま売り切れだったのかな、と思ったのだが

次に行ったときには値札も消えていた
なんでも、月ごとに入荷する品が切り替わるシステムになっていて
更新のタイミングでカステラ風蒸しケーキはラインナップから外れたらしい
なんということだ

そういうわけで、再びお客様相談室のお世話になることになった
電話して経緯を相談すると、例によって
近郊の出荷状況を折り返してくれることになった


折り返し連絡の内容は、壮絶なものだった
まず、近郊に入荷している店舗は一切ないという
範囲を広げるとどうですか、と訪ねると、 片道二時間はかかるような距離の
都市名がぱらぱら三箇所ほど挙がったので、「えーっ」と言ってしまった
それほどの広範囲に、三箇所しかないなんて
しかも入荷数は各店1個2個であり、行って在庫がある保証はないという。
ちょっと目眩がしてしまう

それでも、生産自体は続行しているというから不思議だ
全国で一日百個ないんじゃないか
大手パンメーカーの生産規模を想像するに、採算とれるのか心配になってしまう
それとも、地域性があって、ある地域ではありふれたものだったりするのか
わからないが、現時点でこの世から消滅したわけではないことだけが救いだ

再び苦境に立たされることになった
ちょっと方策を考えなければならない



先日、今までに食ったなかで最もうまいと思っているロールケーキを
食べる機会があった
そのロールケーキはそれなりに高級なものであり、素材からこだわって
手作りされたもので、百円そこそこの量産品であるカステラ風蒸しケーキと
単純に比較することはできないものではあるのだが
値段の気軽さ、袋を開ければすぐ食える手軽さ、常温で保管できる気安さなど
加味して考えたとき、カステラ風蒸しケーキのポテンシャルが
いかに優秀なものなのかということを再確認した
一番うまい高級ロールケーキにもひけをとらない、たのもしい魅力。
まったく奇跡のような菓子パンだと思うよ

カステラ風蒸しケーキは、もしかすると風前の灯火かもしれない
買い支えるということすら叶わない現状がもどかしい
復興と普及を心から願う




道端に、エネルゲンの空き缶が落ちていた
車にひかれ、ぺちゃんこになっていたが、特徴的なカラーリングですぐにわかった
めずらしいもんが落ちてるな、と思って近寄ってみて、ぎょっとした

上の写真が、その実物である
エネルゲンのロゴの上に「パワーア」とある
これは、「パワーアシスト」というコピーで、エネルゲン発売当初のものだ
いまは「体脂肪を燃やせば持久力に!」という文言に切り替わっている。

このコピーが変更になってからもう十年は経っているはずだ
根拠は所有しているエネルゲンのスクイズボトルに「体脂肪」云々の
文言が印刷されており、それを買ったのがもう十年以上前のことであるからだ
もっと昔から体脂肪だったかもしれない。厳密なところはわからないが
発売当初はパワーアシストで、かなり前に変更になっていることはたしかだ
93年の発売以来、ほぼ姿を変えず販売され続けているエネルゲンのパッケージで
唯一大きく変更された部分だ

人気の無い道路の片隅に、唐突にぽつんと落ちていた
薄汚れてはいたが、印刷は鮮やかさを保っている
年代を考えれば、道端に落ちていたアルミ缶にしては奇跡的なコンディションといえる
どこか落ち葉の下にでも埋もれていて、なんかの拍子に転び出たのだろうか

この道はここ十年の間にも、何度も歩いた道なのだ


恐るべき偶然、不自然な出来事だ
エネルゲンの缶が落ちていること自体、そこそこ珍しいことな上に
長い時を超えたゴミが、比較的良い状態で道端に落ちていること
大半の人は気付かないであろう、この極めて不自然なゴミの不自然さについて
気付く人間が通りかかったこと

おれにしかわからないような形で、不自然さの目配せがあった
偶然のなかに強い意図を感じ取ってしまい、ぎょっとしたのだった
こんなにも強い眼光でこちらに何か訴えかけてくるゴミは初めてかもしれん


迷わず拾って帰り、古歯ブラシで綺麗に洗ったが
こうして考えてみると少々不気味な品のようにも思えてくる
丁重に扱いたい



あけましておめでとうございます

新年最初に散歩に出てみると、空がすかっと晴れていてよかった
少し風があったが、寒すぎず散歩に適した空気だったのも嬉しい

飛行機が音もなく飛んでいて、正月早々空を飛んでいる人がいることがわかる
我が家の上空をどこかへ向かって移動する人々が
空調の効いた機内で飲み物を飲んだりしていることを想像する
正月の地上を窓から見て、地上ではおせち料理食ってる人がいるのかなとか
紙コップでコーヒーを飲みながら考えているかもしれない

風がやんだ
木が風で鳴ってる音かと思ってた音が、やまないので
これは飛行機が飛ぶ音だったということがわかった
さきほどの考えに、急に音の迫力が付加されたかんじになる
見かけの飛行機の位置より、すこし後ろの方から音がきこえてくる
音速と見かけのずれによるものだ


いつものお地蔵さんのところまで歩いて、挨拶をして引き返した
これは初詣になるんだろうか

明日は箱根駅伝を見るので、早めに寝ることにする

長いこと使っている小型の鞄の、樹脂製の留め具が割れてしまっていた
肩からかけるベルトをつないでいる部品で、まだ保持はしているものの
亀裂がもう一段階悪化すれば一発で用をなさなくなる、ぎりぎりのところだった

気付いたのはもう随分前のことだったが、 ぎりぎり保っているだけに
そのことを忘れたり思い出したり、見て見ぬふりをしたりして過ごしてきた
ふと、年内に修繕してやろうという気持ちになり、替えの部品を買うことにした

「サイドリリースバックル」という名前の部品であることが、調べたらわかった
代替部品もネット通販で買うことができるようだ
頑丈な鞄でずっと世話になっていたし、保全をさぼっていた罪悪感のようなものもあり
また今後使うなかで同じ破損を予防したいという思いから、代替部品を調べたなかで
多少値段は高いが頑丈そうな金属製の部品をえらんで通販で注文した

それが数日前のことで、今日部品が届いた
鞄はめでたく完全な状態を取り戻した


愛用品に手を入れてよりよい状態にすると満ちた気持ちになるね
これは新品の鞄に買い換えた場合では得られない感覚だ

買い換えには別れの寂しさがつきものだしな
それに何でもかんでも部品を取り替えるだけで復活させられるわけでもない
物理的、技術的、金銭的にどうしようもないものも多々あるなかで
工夫によって別れを回避できた充足感なのかもしれない

なんとなく、年の瀬に味わうにふさわしい気分のように思える

今年もなかなかせわしなく過ぎていって年の切り替わりも近い
年末年始の準備を少しした。たいした準備でもないが

カステラ風蒸しケーキのその後
お客様相談室で教えて貰った店舗が日に二個、継続して入荷してくれているので
行くたびに買えている。ラッキーなことに今のところ百発百中である
前日入荷分が残っていることもあり、そういうときは三つ四つ手に入る
じつは昨日も三つ買えた。年末年始はこれで決まりです



好きだったリサイクルショップが消えた

通りがかりに、見慣れたリサイクルショップの建物が
跡形もなく取り壊され更地になっているのに気付いた
最後にその店に立ち寄ったのはたぶん半年くらい前だが
前を通りかかることは最近も何度かあったはずだ
鮮やかに、前触れ無くぱっと消えてしまったように感じる
解体前に立ち寄ってたら張り紙なりなんなりあったのかな

消えた建物のことを思い出す
でかい倉庫のような建物のなかに、家具やら家電やら食器やら骨董らしきものやら
魔窟のように積み上がり、 人がすれ違えないような店内は
最初の頃は奥まで物色するのを躊躇するほどだった
二階があるのに気付いたのは来訪三度目くらいのことで
一層淀んだ空間に長年蓄積された箪笥やら椅子やらが詰め込まれていた

行っても買う物がないことが多かった
店内と一体化して沈着したような商品を見ていても
家に連れて帰ろうという気持ちが沸きにくかった
品々が無表情で「買ってくれ」という顔をしていない
鍾乳洞に入って鍾乳石見るような気分で店内を見ていた

それでも、小さい引き出しと、レターケースを買ったのは覚えている
買って帰ればそれなりに生き返った感じになるから不思議だ



近くに、経営母体が同じリサイクルショップがもう一軒ある
そこはまだ残っていて、売り場を広げて整頓している最中だった
どうやら、こちらの店に統合されたということらしい
数は減っているようだが、前の店舗から掘り起こされたらしい品々が
多少間隔に余裕をもって並べられていた

たい焼き機が売っていて少し欲しかったけどでかすぎたので諦めた



楽園(ル パラディ)ウェブ増刊にて描いた漫画が公開されました。
12月25日分です。無料ですので見てみて下さい
 
行き方:下記URLを押す→WEB増刊へGOと書かれた箇所を押す(中段画面左)→12月25日のところを押す→漫画登場。
 http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/



来年の資料性博覧会の情報が公開されました
今回もポスターの絵を担当しています
イベントの詳しい情報は公式ホームページへ
https://www.mandarake.co.jp/information/event/siryosei_expo/


楽園(ル パラディ)冬のWEB増刊が開始しており
来週月曜日更新分(12月9日分)で描いた漫画が公開されました。
まだ土曜ですが、配信作業をする業者の手違いで出てしまったとのことです
ともあれ無料ですので見てみて下さい
 
行き方:下記URLを押す→WEB増刊へGOと書かれた箇所を押す(中段画面左)→12月9日のところを押す→漫画登場。
 http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/



タイトルは「カステラ風蒸しケーキ物語」
ここの日記でカステラ風蒸しケーキの話は再三にわたり書いたが
それを漫画にまとめたものです。何卒見てみて下さい
皆さまもよいカステラ風蒸しケーキライフを

グッズ販売情報が公開されました


夏はイルカ関係ばかりだったので、冬は魚関連にすることにしました
長袖の服二種と、バッジ二種です
以前製造した魚Tシャツのスウェット版などがあります

詳しい商品情報・ご注文はこちら↓
https://panpanya.booth.pm

現在ご予約受付中です
いずれも来年一月上旬締切で、お届けは二月の予定でございます
お気に召す品ございましたらいかがですか。