古いスーパーマーケット
薄暗い店内は、内装にプリント合板がたくさん使われている
緑色の農協牛乳が売られていて、あっまだ緑の奴売ってるんだ、と思う
他に、「かめのこ牛乳」「ゾンビワールド」といった銘柄の牛乳もある




ローラースケートをはいて町を移動している
古書店、ファミレス、雑貨屋などがある幹線道路の歩道で
すいすい進むがうまく止まることができない
手のひらを地面に擦ってスピードを抑える
つま先部分にゴム製のブレーキがついていることに気づき、ブレーキをかけると
ゴムが削れて削れかすが顔に飛んでくる
しかしたいして止まらない
こつがあるのだろうか

雑貨屋に入る
店内はそこそこ混雑している
レトルトカレーを手に取りレジに向かうが、行列になっている
仕方なく並ぶが、数十人は並んでいる様子。
べつに急ぐ買物でもないし、買うのをやめるか考えながら
しかしわりと列が進むのでおとなしく並んでいたが
いつの間にか、手にレトルトカレーを持っていないことに気付く
おかしいな、と思うがもうレジは目の前まで迫っている
折角並んだのが無駄になってしまった
列を離れる

店を出て、隣の店が中国食材を売る店で
店先で黄色いポーチ(エコバッグ?)を売っている
簡素な作りで、てろてろの黄色い生地に赤い刺繍でなにやら漢字がずらずら書かれている
値段は千円だった。この作りにしちゃあ高いなと思う



府中市立美術館の展示を見る
全編CGで作られた映画の登場人物を、立体で造形した作品がある
デジタル制作された実体のない映画の人物のデータを立体で複製して
実在感はあるが実体のない存在に実体を与える、という趣旨らしく
見たことのあるCG人物が広い空間に脈絡なく並んでいる

銀メッキされた石膏像が輪になって並んでぐるぐる回っている




雑草の生えた急斜面をすべるように下りると、かつて通った小学校の校庭があり
子供がキックベースをやっている
こんなところに来るつもりじゃなかったんだけどな、と思いながら
校庭を出る方向へ歩いていると、知らない先生がやってきた
学校に関係のない不審な人物なので、ひとまず職員室に来いという
「卒業生なんですが」、と言ってみるが反応芳しくない
「最近は物騒ですからね」、とも言ってみるも反応が薄い

職員室で、別な先生から、どこかで会ったことがあると言われる
どこだろうと思っていたら、思い出したようで
「府中市立美術館で、カニの柄の傘の布地の厚みを吟味していたのを見た」と言われた
言われてみればそんなこともあったような気がしてくる



 
ちなみに府中市立美術館には実際には行ったこともないし
本当にそういう美術館があるかどうかも知らなかったので何故夢に出たのかは謎だ
あとでインターネットで調べたらどうやら実在するらしい

アメリカに行って帰ってきた
本場のセブンイレブンや本場のデニーズに行ったほか
STARKISTのツナ缶を入手するなどした
いろいろなものを見た

鉄道の車窓から見た、土埃と枯れ草の荒涼とした土地のかんじが印象的だった
都市部はまた違うが、ちょっと外れた郊外の気配は
以前行ったフィリピンの町のかんじと少し似てるところがあった
でかい電柱がでかい木でできていたり
日本と比べると景色の単位が大きい感じがした 国土が広いからかな

夜に、ファミレスの明かりが寂しげで良かった
船から見た対岸の石油工場かなんかののびのびした感じもよかった
一瞬車窓から見たおびただしい数の風力発電機のある丘
目的地としてじっくり見たものより、瞬間見かけたそういう場面のことを思い出す
心の準備をせずに見たものの方が新鮮に記憶するということなのか
わからないが



旅行以降、生活のリズムが良い方向に狂い
早寝早起きがちになっている
しかし規則正しいわけではなく、日によってその度合いが違っており
リズムが狂っているにはちがいない、本調子では無いかんじである
一種の時差ぼけが長引いているのかもしれない
正していきたいが遅寝遅起きに戻すのは勿体ないような気もしてる

センチュリー21という不動産屋
テレビCMで「センチュリートゥエンティーワーン」というサウンドロゴが
印象的で、音のリズムの良さだけが頭に残っていたが、不意に

センチュリー21、つまり「21世紀」か
ということに気付いた
考えたこともなかった

21世紀、つまり今だな
かつて20世紀の頃は、21世紀という言葉には近未来という印象があったが
「いま」になってから随分経つので、だいぶ「いま」を意味する言葉として感じられるようになったし、逆に20世紀と聞くとなんだか歴史を振り返るような気持ちになる

それはともかく
「センチュリートゥエンティワーン」について、響きの良い英語の社名としか
思ってなかったのが、案外素朴な言葉だったことにふと気付いて
そうだったんですか、と気付くということがあった

調べてみたら、センチュリー21はもとはアメリカの企業で
世界中に展開しているのだという
設立は20世紀のことだった

楽園(ル パラディ)ウェブ増刊にて描いた漫画が公開されました。
8月26日分です。無料ですので見てみて下さい
 
行き方:下記URLを押す→WEB増刊へGOと書かれた箇所を押す(中段画面左)→8月26日のところを押す→漫画登場。
 http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/


7月30日分も公開されてます
告知したつもりがしていませんでした。うっかりした
続きものではないですが併せてご覧ください。



くろしおくんがゆるキャラグランプリに出てる
くろしおくんは「ゆるキャラ」という一連の流行以前から居たし
こういう派手なイベントにはもう出てこないのかなと思っていたが
どうも今年からご当地キャラクターとして精力的に活動しているらしい
素晴らしい
そういうわけで日々ゆるキャラグランプリの投票をして喜んだりしている


かつて、高知駅にでかいくろしおくんのモニュメントがあった
2002年の高知国体をカウントダウンする表示が足元にあったような気がするが
なにぶん昔のことなのでよく覚えていない
その頃はまだ高知駅が今のような現代的な駅舎ではなく
薄暗く寂れた、今考えると県庁所在地の中心駅としてはだいぶ残念なものだったと
思うが、旅情という言葉のよく似合う建造物でとても好きだった
そんな駅舎に異様にでかいくろしおくん像は不思議と馴染んでいた

それから駅も建て替わり、高知に行ってもくろしおくんの姿を見ることが
めっきり減り、おまけに高知で幅をきかせていたスリーエフが消滅し
近年は寂しく思っていたが、くろしおくんがご当地キャラクターとして
再び立ち上がったことで潮目が変わるのではないだろうか
個人的気分としては居るだけでPRになるから末永く居て欲しい



別件
Tシャツが完成し、順次発送されているとのことです
いい仕上がりになっております
まだ売ってますがサイズによっては在庫がなかったり少ないものもあるので
ご入り用の方はお早めにどうぞ

言葉の意味を知らなかった頃に知った言葉
幼い子供の頃は、身の回りの日本語や外来語の意味がわからないまま
音や文字列として、言葉に触れることになる
ものによっては、意味が分からないまま聞き慣れるものもある
そういう時期にすり込まれた言葉には、妙な魅力がある


「パーキングエリア」と「サービスエリア」
小さい頃、親の運転する車で高速道路をはしっているとき、しばしば寄った
英語でそれらが何を意味するのかは正確には知らなかったが
パーキングがしょぼい方、サービスエリアがでかい方だということは
わかっていたから、「バーキング」「サービス」という言葉に
なんらかの序列があるように思っていた

それぞれの言葉の意味がわかるようになってからも
「parking」、「service」という英語が持つ意味とは別に
それら二つが結びつけられたかつての刷り込みによる独特の手応えが
未だに強烈に残っている


時期は覚えていないがとても小さい頃
「日本」と「東京」のどちらが大きいのかわからなかったという
こともうっすら覚えている
さすがにその後すぐに関係性は覚えたとは思うが
土地の大きさ、東京や日本の広さを体感として理解するのは
もっとずっとあとになってからのことだった


「古墳」
幼い頃住んでいた場所は古墳が身近にあったので、古墳という言葉は
耳になじんでいたが、それが何なのかを学ぶのは小学校の社会科の授業だった
意味と知識を伴った「古墳」の言葉と教科書で再会したときは
なつかしい言葉の肌触りと新鮮な具体性が嬉しかった



歯ごたえだけを楽しんでいたガムに急に味が追加されたような
わーっと思うけど
しばらくすると歯ごたえだけを純粋に楽しんでいたときの
感覚を、味のするガムのなかに見いだして懐かしい気持ちになったりする

そういう行き来のできる言葉は、人それぞれあるのかもしれないが
それほど膨大にあるもんでもない
考えてみれば貴重なものだ
大事に味わいたい

インターネットがつながらなくなった
この文章がインターネット上にあるということは、つまりもう復旧したのだが
突然パソコンのインターネットがつながらなくなるという事件が発生した
数日前のことだ

インターネットで調べ物をしていたら、あるところから急に
新しいページを読み込まなくなってしまった
「何もしてないのに壊れた」
パソコン初心者のようなことを言ってしまう
べつに上級者でもないが、本当になんの前触れもなくだめになった
いろいろ見ていくと、どうもモデムという機械の故障らしい
具体的には、全く電源が入らない状態になっていた
かなり古い機械だから老朽化かもしれない

業者に連絡すると、修理工事は混雑しているため、翌々日になるという
混雑している、と言われて身構えたため
「翌々日か、混雑してるわりには早いな」と思ったが
インターネット回線はいまや電気や水道、電話のようなインフラであり
それが丸一日以上停まったまま放置されると考えると遅いかもしれない
翌々日の昼間に業者が来てくれて、新品の機械を設置していった


実際に、インターネットがつながらない生活はそこそこ不便であった
パソコンを介して行う作業のなかには、インターネットが必須なものも多い
たとえばこの日記もそうだし、メールの返事をかいたり
グーグルマップを見たり、買物をしたり
こうして列挙するとたいしたことに使ってない感じするが
ないのなら仕方がないので、漫画を描く作業と、合間休憩に本を読んだりして過ごした
本に出てくる難しい用語もインターネットで調べるのが習慣になっていたので
節目節目に不便さを噛みしめることになった

インターネットは、念じるだけで欲しい情報が来るようなところあるから
たいしたことに使ってないとはいえ
無いことによって、情報が遮断されて多少素朴な生活をあじわった
解決してしまえば、たまには悪くないかもとも思えるが
タイミングが悪かったらこの上なく困る事故だ
自分のさじ加減で情報を遮断してみるという手もある




その他の近況
八月前半はだいたい漫画を描いてたら過ぎてしまったな

頂きものの本格的なレトルトカレーが異様に辛く、痛みに耐えるように食べた
あんな辛いカレーは初めて食べた
もう一袋ある

夜遅くになってから、雨がばっと降りはじめた
窓の外は見なかったが、雨音でわかった

しばらくして、なぜかヒグラシの声がし始めた
なにも夜に、しかも雨が降ったタイミングで鳴かなくても、と思ったが
ひとしきり鳴いて、すぐに雨音だけになった
何か思うところあったのだろうか

選挙に出かけた
これだけ科学技術の進歩した現代において
わざわざ日時を指定して多くの人手を動員して場所も用意し
足を運んで貰い、紙に鉛筆で書き、箱に入れさせ
それを一枚一枚数えて当落を決める
しかも、それを日本全国津々浦々でやっているというのは
簡単なことを壮大な手間をかけて執り行っているような気がしてしまう
しかし日本のことを決める重要な人選であるから、適切な壮大さにも思える
不思議でもあるし、妙な連帯感がある

オリジナルデザインのポケットティッシュを貰った




ホンコン焼きそばを箱買いした
ホンコン焼きそばとは、おもに北海道で売られているインスタント麺で
先日頂きものを食べる機会があり、食べるうちに妙に癖になり
頂いた分を食べ尽くし、北海道物産展で見かけたので追加購入し
それもなくなったので、とうとう箱で買ってしまいました

絶品であるというよりは、チープさや素朴さに魅力がある
カップ焼きそばよりも数段素朴さがある
作り方もフライパンにお湯を沸騰させ、麺をほぐしながら
お湯がなくなるまで煮るというお気楽な感じで良い




何日か前、散歩中に蝉の抜け殻を見つけた
その翌日、蝉の鳴き声が始まったのに気付いた
気候は雨と湿気で夏らしさは感じられないが、着々と夏になってきてる

昨日はとても激しい雨が一時的に降った
窓の外で雨が屋根に当たる音がやかましいほどだった
今日は雨が降らなかったが昨日の雨水が坂を流れた痕跡として
砂利が整列しているのを見つけた





Tシャツについて
ご注文してくださった方、ありがとうございました
これから生産に移ります。注文があった数より多めに作られるので
まだ予約可能になっていますが、残数が決まっています
しばらくは大丈夫だと思いますがお求めの方はお早めにどうぞ
https://panpanya.booth.pm/