今日は友人が釣りに行くというので同行させてもらった
見知らぬ離れた土地の田舎の何もない川べりに
釣りのために行くだけだから釣りをしないなら暇ではないかと
忠告も頂いたが暇をすることはあるまいと思って、参加した
実際に暇をすることはなく、面白かった

天気がよく、雲一つない澄んだ空気で風は強かった
厚着をしていったので寒くもなく、釣りをする様を見たり、そのへんを散歩したり
段差に座ってメモをとったり絵を描いたりして過ごした

広い田んぼの多い土地を流れる川で、普段の生活圏の環境とは随分異なる
そういう場所にぽんと身を置くことで、普段なら思いつかないようなことが
頭をよぎったりする
それは今日のこの時ここを訪れなければ永久に思いつくことはなかったものかも
しれないと思うと見知らぬ土地で過ごす時間にかけがえのなさを感じる


川べりにからすうりがなっていたので、いくつか採取した
からすうりは前にどこか庭に植えたっけかな?
ポポーとあけびは植えてあるが成長は芳しくない
一応からすうりも適当なところに植えてみることにする


釣り地点から2キロ弱の距離に道の駅があることがわかったので
行ってみることにした。パンフレットをもらったりスタンプを押したり物産を物色したりした

道の駅やパーキングエリアなど、普通は車でしか行かない場所に徒歩でやってくる時
特有の妙な気分というものがある
居心地が悪いような、他の来客と自分が別世界の人間であるかのような
調味料が何か一種類抜けた料理を食べているような、なんとも
上滑りするような不思議な気分で
それはまさに寝ているときに見る夢の質感とそっくりなのだった
証拠を集めるように、地元の広報誌類を貰ってみたりする

道の駅から戻ったころ、友人が釣りを切り上げるというので帰ることにした


縁もゆかりも用も目的もない土地にぽんと身を置く体験はあまりないのではないだろうか
川べりの殺風景な土地の記憶が白日夢のように思い返される
今までも、これからも永久に用がないかもしれない場所をじっくり歩いた記憶は
もしかしたら、縁やゆかりや用や目的があった土地よりも強く印象に残るかもしれないと思う
日本に無数にある、自分にとってなんでもない土地のなかで
特別ななんでもない土地が発生した。用もないのに思いを馳せることができる



①通算四冊目となる漫画単行本「動物たち」が発売になりました


書店によっては、特典がつきます
・COMICZIN(秋葉原・新宿)
・とらのあな各店
・書泉 芳林堂書店各店
・丸善ジュンク堂書店各店

それぞれ特製絵柄のポストカードがおまけでつきます。
くわしくは各書店様にお尋ねください
また、その他の書店においても共通絵柄の特典ペーパーがあります
お店によってはつけてくれているみたいです


収録作品について
「枕魚」収録分以降の楽園本誌、Web増刊の発表作品で
本誌は昨年10月発売の19号発表分まで、Web増刊は今年の春のやつまで入っています

コミティアで発表した作品は「猯」が収録されています。
楽園で発表した「狢」(今回の単行本所収)と対になる作品です
同じ本に収録できてよかったです
あと例によってこのホームページから日記をいくつか収録しております

今回のポイントは、カラー作品が収録されていることです
先日新しいバージョンが公開された「楽園ご紹介漫画」の古い方をはじめ
楽園やその他媒体で発表したカラー漫画、カラー絵、「猯」の表紙など
各種豊富に収録されております
カラー作品の収録は表紙を含めても足摺り水族館以来ですね

隅々まで拘って作りました。良いものになっていると思います
なにとぞよろしくお願いします




楽園(ル パラディ)冬のWEB増刊が開始しており
本日分で描いた漫画が公開されました。
無料で見れますのでぜひ見てみてください
単行本と同日発表です。併せてお楽しみ頂けると幸いでございます


行き方:下記URLを押す→WEB増刊へGOと書かれた箇所を押す(中段画面左)→11月30日のところを押す→漫画登場。
   http://www.hakusensha.co.jp/rakuen

続き物の漫画などで、ここまでの「あらすじ」が書かれることがある
現時点までの大まかな話の流れを記したものだが

漢字で書くと、「荒筋」もしくは「粗筋」となる


ひらがなだと、言葉のイメージ通りに感じられる
ぼんやりと大掴みな「あら」、シュッと要領よく情報をまとめた感のある「すじ」
ざっくりと、しかし適切に要約された感じが伝わってくるが

漢字だと「荒」の「筋」だ。「荒々しい筋肉」という雰囲気の字面で
また「粗」、ざくざくすかすかした、これはこれで弱そうで逆の雰囲気がある
どちらにしろ「筋」である
どうもストーリーの要約という言葉の本来の意味から遠いような気がして
ほんとうに「あらすじ」の漢字は「荒筋」「粗筋」なのだろうか?と思って

どうやら正しいようだが


今まで見たあらすじのことを思い返すと
漢字表記でなくひらがなの「あらすじ」が多様されているような気がする
みんな漢字による言葉の強さが気になって避けているのだろうか
荒かったり粗かったりする「筋」、という言葉がもつ気配は、物語の概略を語るときに
出来れば避けたいものかもしれない
それとも他に理由があるのだろうか


カタカナだとどうか
「アラスジ」
魚のアラと、スジの多い肉質の組み合わせというふうに見える
「アラスカ」にもちょっと似ていますね
「ア」と「ジ」で挟まった単語には鯵のイメージもぼんやりつきまとう
なんとなく食用に向かなさそうなアラスカ産の魚類というかんじの言葉だな


ひらがなカタカナ漢字で言葉の表情がずいぶん変わる
適切なものをあえて選んで使い分けている場面というのは案外多いかもしれない
なんとなく、で言葉の気配を選んでるのだろう
こうやって日記を書いてるときにも無意識に文字種のチョイスがなされているのかと
考えるとぱかぱかやってた文字の変換も少し慎重になる

机を片付けていたら、飴玉がでてきた
個包装になった一粒で、袋は透明で何も書いていない
色は梅ジュースのような褐色がかった透明のやつだ
少しとけて、また固まったようで、袋の形にそって少し変形している

心当たりがない
袋飴を買ったでもないし、恐らく誰かに一粒もらったのだと思うが
それがどこでどのようにもらったものだか、全く思い出せない
でも机の上にあったので、さほど古いものではないのは間違いない
どうしたんだったか


お店なんかで、たまにおひとつどうぞといったかんじで
小鉢に飴玉が入っていて、もらったりすることがあるが
そういうやつだっただろうか

食べてみた
なんともいえない味がする。こういう味の果物があったように思うが
それが何の果物だったか、和風のマスカットがあったらこんなかんじかな?
味に親しみやすさがあり、恐らく過去に何度か口にしたことのあるように思える
わからないが、記憶をかるーく撫でられる感覚だけある
北海道で飲んだガラナに少し似ているかな?


飴は、食感が希薄で、硬い球を口内で転がすと味だけが純粋にやってくる
パッケージの情報もなく、なんの前触れもなく味だけが来て
それがなんなのかわからないでいると
味覚とはこんなにも掴みどころのない頼りないものなのかと思う

おぼろげなうちに、飴は溶けてなくなってしまった
味の余韻もあっという間に消える。味も忘れてしまうかもな
飴の入手経路を思い出せなければ、永遠の謎になってしまうのではないだろうか
これから永遠の謎になりそうなものに相対したのが久しぶりな気がして
少しそわそわする





宝くじのハズレくじのことを「たぬきくじ」と呼ぶらしい
今日知ったのだが

狸に化かされて、札束が実は葉っぱでした、というようなところから来た用語か
もしくは取らぬ狸の皮算用から来た言葉かな、とはじめは思ったのだが
調べてみると、実際のところはそうではないことがわかった

宝くじのはずれを、空くじと言ったりするが
「たからくじ」が「からくじ」になってしまうことから
「た」を抜いた、「た抜きくじ」というのが由来であるらしい
なるほどね
無料のことをロハと言ったりするのと同じセンスが漂う


しかし、前述のたぬきに纏わるイメージ
得られると思われたお金がふいになってしまうようなイメージは確実にある
二重三重の意味で、「たぬきくじ」という言葉を強固にしている
いい言葉を知った。

たぬきくじを集めている人もいるらしい
確かに集めたくなる気持ちもわかる

旅先で考えていたカメラについてのこと


カメラが自分の感受性や記憶を肩代わりしてくれるという
側面があるような気がしていた
観光地に行って、写真を撮っている人をよく見かけるし、おれもよく撮る
気軽に高精細な写真が撮れる機器であるところのデジカメ
あるいは今時は携帯電話にも同等なカメラ機能が備わっていたりする
目で見るよりも確実に思い出を残せるような感じがして

それによって脳の記憶力や感受性が退化するという気もしないではない
一回限りの景色の体験を、何度でも見れる情報として保存するために
一回限りの景色の体験の時間を割いて撮影する
それによって景色を実際に見ることがおろそかになるのではないかという

旅行に行ってカメラを使うとき、そのことを考えることが時々あったのだが



脳とカメラではそもそも請け負う領域が微妙に異なる

たとえば脳は、無数の石ころの数や配置、壁のしみの形状を鮮明に覚えたりはしないが
写真はそれをそっくり写し取ることができるし
写真には、その景色を目の当たりにしたときの感動までもそっくり保管する
性能はない。プロの写真家はそういうことをやってのけるのかもしれんが
写真が記録するのは本質的には図像の写し取りであるから

それぞれに得意な領域があるから、使い分ければよい
撮影、録音や録画、メモやスケッチ、自分の脳味噌を使い分けて
うまく体験をとらえることで、限りある旅行の時間のなかでより有効に味わうことができる
その配分は人それぞれにあるだろう

写真に撮っても写らないような、目で実際に見ることでしか味わえない絶景もあれば
写真に撮っておくことで将来に渡り何度でも噛みしめることのできる良さもある
何度でも聴きたい音があるかもしれないし、呼び起こされた感覚を文字にしておけば
あとで写真と組み合わせて思い起こすことができるかもしれない情報もあるし
いろいろな残し方がある
そのバランスを好きにしたらよい。しかしそこに選択肢があるのだということを
心の片隅においておきたい




ところで旅先で撮った新種の壁穴の写真をアップロードしました
撮ってアップロードしそびれてたものもあわせて6種類あったので
ページ上の「photo」のリンクを押して見てみてください
左上から左に順に六枚が新しいやつです

旅行に行って帰ってきた
福島県に三日間です

旅行中ソフトクリームは三個食べた
ツナマヨおにぎりは一個も食べませんでした
スタンプは結構な数押した
面白いものをたくさん見た。移動中隙あらば居眠りしてしまったので
それだけ見て歩き回るのに疲れていたことと
面白いものを見回っている最中は疲れに気が付かないということを思う


写真をたくさん撮った
実際に足を運んで実物を見て面白がりながらも、シャッターはぽちぽち押す
実物をいくら見ても見切れるものではない。時間は限られているし
見てもまた次々に興味深いものがじゃんじゃん出てきて
自分の一度に見聞体験できる許容量を超えてしまっているような
脳みそを面白いものの洪水で洗濯してるようで、あまり記憶に残らなかったらどうしようと
募る焦燥感や名残り惜しさは尽きないが、写真を撮ることでそれをいくらか誤魔化すことができる
高解像度で持ち帰れることが、多少取り返しのつく安心感につながる

写真ばかり撮って自分の眼で見ないのはどうかという向きもあるが
自分にとってみれば肩の力や目の力を抜く、言い訳というか、保険のような
気分であるので、精神衛生上よい
おかげさまで焦らず安心して鑑賞することができる
手軽でありがたい機械だと思う

メモをとるのも大事だ
面白い言葉や思いつきなど、写真に撮れないものも旅にはたくさんある
紙とペンを持ち歩いていたので、それは概ねうまくいったと思う


細かいことを日記に書き起こすかどうかはわからないが
写真やパンフレットもらったのが大量にあるので明日からぼちぼち整理したい
今日はつかれたので寝ます



楽園(le paradis)22号が発売になりました
「小物入れの世界」、「通学路のたしなみ」というタイトルの二篇を掲載して頂いております
タイトルのとおり、それぞれ小物入れと通学路に関する漫画です
何卒よろしくお願いします。
お求めはお近くの書店かインターネット通販で

楽園(le paradis)ウェブサイト
http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/vol22/ 

amazon通販ページ
http://www.amazon.co.jp/


楽園ウェブサイトでは、先頃リニューアルされた「楽園ご紹介漫画」が読めます
楽園をご紹介しておりますので、よろしければ御覧下さい




以下日記
出かけた際、100円ショップに寄った
確か100円ショップで買わなければいけないものがあったのだが
それが何だったのか思い出せぬまま、 店内に入った

そこは商業施設のワンフロアがまるまる100円ショップになっている店で
広く充実した品揃えであった。なんだったかなあと思いながら店内を物色していると
飴玉コーナーに「チャオ」が売っていた

チャオは、透明の砂糖味の飴の中にチョコレートのタレが入ったもので
昔から好きな飴だったのだが、めっきり見かけなくなっていたのだが
近年になって復刻され、あるところにはあるというかんじで流通しているようだ
ようだ というのは、あまり売っているのを見かけないからです
売ってたので、これが目的の品ではなかったけど買うことにした
ついでにチェルシーのヨーグルトスカッチだけで構成された袋があったのでそれも買う

ぶらぶら店内を見ていたら、欲しかったものにばったり遭遇できた
本にかぶせるビニールのカバーでした
古い雑誌で、表紙がすりきれはじめているものがあったので、保護する目的で
ペラいポリフィルムのカバーが欲しかったのだが、ホームセンターに売っておらず
案外100円ショップなんかにありそうだなと思っていたのだった
よかったよかった。10枚ほど入っているパックだったので、サイズ違いでいくつか買った

あと本を開いたまま立てておく台も欲しいなと思っていたのだが
それも簡単なものが売っていたので買った
これで恐らく「100円ショップに行ったら買いたいと思っていたもの」は大体思い出したと思う
思うのだが
「100円ショップに行ったら買いたい」という気持ちの残像だけが頼りなので
もしかしたら全く別の「100円ショップに行ったら買いたいと思っていたもの」も
まだ他にあって、それをすっかり忘れているということもありうる
ないかもしれないが
架空の「買いたいもの」の存在を振り払うようにレジに持っていった



帰り道、腹が減ったことに気付いたのでコンビニに寄ったら
目の前にいた外国人女性が、棚のたい焼きを買っていった
もちもちした白い皮の、カスタードクリームのはさまった小ぶりなたい焼きである
うまそうだなと思っておれもそれを買うことにした
電車がすぐだったので急いで食べたせいもあるが、期待したほどではなかった

来てくださった方、ありがとうございました
関係者の皆様おつかれさまでした


今回は、旅の本を作りました
今年の六月に北海道に行った際の出来事を、このホームページで
日記に書きましたが、その文章を時系列にして多少加筆して
写真や絵、資料を加えたようなものです

忙しい合間に、趣味的に作ったもので
部数はもともと少なかったのですが、それにしてもすぐに無くなってしまい
あとから来た方には申し訳ないことをしました

自分の作りたいものと、作れる分量と、現在の頒布方法に
無理が生じているので、今後も趣味的に自家製本をするとしても
やり方は考えないといけないなと思いました




イベント後の打ち上げの際、自家製コンビーフというものを食べた
コンビーフは缶のものしか知らなかったがまた違ううまさがあった
調べたら自作が可能なものなようで、ふーんと思った

前に鶏肉で作った生ハムというのを食べて、へえと思って
調べたら自分で作れるものだということがわかったことがあったが
肉の加工品を自分で思いのままに作れたら面白いだろうなと思った
時間を見つけてやってみたい


珍しく、コミティア後も連日出かける用事があり
出かけたり、出かけない日は出かけた日にできなかった作業をせっせとやるなど
していたらあっという間に一週間経ってしまった
恐ろしいことだ
今はもっぱら来月末発売の単行本の準備をしています


毎晩、眠りにつく前の少しの時間で本を読んでる
今は枕元に二冊の本があり、その日の気分でどっちかを少し読んで眠くなったら寝る
怪談の本と、ツチノコ探索の本です
眠くなってくると、文字が頭に入らなくなってきて
そんなこと書いてないのに、へんなイメージが頭に流入してきたりする
はっと気付くと、文字を目で追いながらも無関係なへんてこなストーリーが紡がれ
へんな気分になって面白い
そうしたら栞を挟んで眠る

別に怪談の本を読んで寝ても怖い夢を見るようなことはない
ツチノコの夢も今のところ見ていない

急なお知らせですが、明日コミティアがあります

コミティア118
開催日:2016年10月23日(日) 
時間:11:00~16:00
会場:東京ビッグサイト東1・2・3ホール

スペース番号:Q29b。

ぎりぎりな告知になってしまいましたが
何とか発行物が出来上がりそうな見込みです
たまに制作している旅の本です。今回は6月に行った北海道の内容です
簡素なつくりのものです
部数は少ないですのでお求めの方はお早めにお越しください

1月と7月の企業ブースも出ています
グッズの在庫や足摺り水族館があるかもしれません

忙しくしていたので日記を書くのをさぼりました

その間、これはあとで日記に書いておくべきだなと思って小さな紙にメモを
とっておくことが何度かあったが、肝心のメモをなくしてしまい
何を書こうとしていたのかも忘れてしまった
ふとした思いつきやふと目にしたものについてだから
ふと思い出すこともあるだろう。またふと紙が出てくることも



机の紙を片付けてたら、いくつかあったはずのメモのうち一枚が見つかった

「トリオは女でもトリオなのか」

というメモ これは何かというと
おれだけかもしれんが、「トリオ」といわれると
なぜかタキシードを着た男性三人組が頭に浮かぶ
もうちょっと解釈を広げると、男性三人を指す言葉だと思っていたのだが
正確には、「三人組のグループ」という意味しかないらしい
性別関係ないわけである

おれは恐らく今まで、女性三人組を見て「トリオだ」と思ったことが
ただの一度もなかったのだろう
だって女性が三人居るのを見て「あっトリオだ」ってなるでしょうか?
ならない気がする
男性が三人揃うことではじめてトリオ性を帯びるように思うのだが

更に言えば、男女混合で三人組についても「トリオだ」と思ったことも
恐らく一度もなかった



ちなみに二人だと「コンビ」、四人だと「カルテット」であるという
二人や四人だと男性色がそこまで強くないように感じる
なぜ単純なはずの言葉にそんな質感が生まれたのか謎である