あけましておめでとうございます。

御用邸の月は年が明けてすぐ、ゆく年くる年を見ながら食べた
御用邸の月はめでたく今年最初に食べた食べ物になった

今年のカレンダーの表紙をちぎり、一月のページを出した
表紙の裏を見たら、365日分に区切られており
毎日の天気とちょっとしたメモを記録できるようになっていた
折角なのでそれもカレンダーの横に貼った
天気と、二日に一回走る運動をしているので、その記録をつけることにした
はたしてこの習慣は続くだろうか


新年最初の買い物は、静電気を消すキーホルダーだった
静電気には例年悩まされていて、今年こそどうにかと思っていたので
ゆく年くる年を見た後、寝る前に通販でたのんでしまった
早速届いた。新年早々配達ありがとうございます
まだこれによって静電気を除去できたという場面はないが
装備品によって自分の性能が上がった感覚があり、愉快なものだ
新年にふさわしい買い物ができたと思う



箱根駅伝を見た
一年で最も楽しみにしているテレビ番組のひとつだ
この景色の移ろい番組を見ると一年がはじまるのだという気持ちになる

一年に一度しかやらないというのも丁度いいバランスだし
毎年同じルートを同じように撮ってなぞっていく
そしてそれが風物詩として定着している。本当にすばらしい番組だ
コマーシャルも妙に風格ある感じのものが集まっていて、独特の雰囲気がある
(箱根駅伝が終わると途端に俗っぽいちゃらけたコマーシャルが激増するのも良い )

選手は毎年一学年ずつ上にずれていき、長くても四年でいなくなってしまう
去年も見た人だなと気付いたり、顔と名前を覚えられる人はわずかだ
新しい人が毎年来ては去って行くが

しかし景色は毎年同じ場所をくりかえし写しつづける
テレビで見ている我々は毎年同じ景色が映ってるのを見るわけで
そういう意味では景色の側に立って箱根駅伝を見ている気分になる

往路の戸塚中継所がうつるとき、ほぼ確実に画面に入り込んでくる釣具屋がある
タックルベリーという店で、毎年映るのですっかり馴染みの景色だが
そのタックルベリーの支店名が「戸塚中継店」であるということを知った
そうなのか
なんにせよ今年も楽しく視聴した



2019年もいい年になるといいなと思います
今年もよろしくおねがいします

2018年もぼちぼち終わり、2019がやってくる

季節感が年々なくなっており、あまり年越しという感じしないなと
ここんとこ毎年思っているが、今年は去年よりは年越しの気分を味わってる気がする
なぜかはわからないが
テレビで紅白歌合戦をやっていて、いい気分で眺めていた

今年もいろいろあったような、そうでもないような
撮影した写真を保存しているフォルダを見返すと、この日には
こんなところに行った、こんなものを見たということが示されていて
ああそういえばそうだった
去年かと思っていた出来事が今年で、そうだったかと思ったり
時系列は意識していないとぼんやりしてしまう

来年はもっと月日を自覚できるといいな
日めくりカレンダーをちゃんと毎日めくるような
ノートに日付や出来事、その日考えたことをなるべく書いておいたり

来年の今日、写真以外にもめくって振り返ることのできる要素があるとよい



今日は昼飯にイトメンちゃんぽんめんを食べ、夜は年越しそばを食べた
一昨日の御用邸の月はまだ温存してある
折角なので年明けた瞬間食べることにする

あと二時間ほどで今年終わりだ
よいお年を

先日買った「御用邸の月」の最後のひとつが机の上にある
これが今年最後の御用邸の月になるだろう
そう考えると、尊いもののような、食べるのが惜しい気分になってくる

賞味期限は、一月三日まである
温存して新年最初の御用邸の月にするという手もある
そう考えるといつ食べたって一緒だしべつに惜しくない気がしてくる

テレビをつけていたら、フィギュアスケートをやっていた
何かの大会かなんかで、リンクの周囲にはスポンサーの名前が並んでいた
その中に、「信用金庫」とだけ書かれているものがあった

信用金庫

どうやら「信用金庫」という団体がスポンサーになっているようだ
そうなんですか
てっきり、「信用金庫」というのは業態を指す言葉であり
銀行の親戚みたいなもんだと思っていたのだが
なんだか違和感がある

たとえばテレビのスポンサー欄に「銀行」と記載されていたら
どこの銀行なのだということになる
「コンビニ」とか「ファミリーレストラン」でも同じだ
「自動車メーカー」でも「製薬会社」でもよい
結託してスポンサーになったか、名指しを避けるためぼかしているのか
名前を出せない特段の事情があるのだろうかと勘ぐってしまう
「信用金庫」も同じような奇妙さを感じるのだった

信用金庫は、頭に地名が付いた「〇〇信用金庫」のようなのをよく見かける
市区町村単位くらいの名を冠したものをよく見るので
日本全国に結構な種類の信用金庫があるのではないかと思う
銀行と同じように、当然それぞれが別な会社なのだろうと思い込んでいたが
思えば信用金庫を利用したことは一度もないし
よく考えたら意識したことすらなかったので、思い込んでいたという
表現が正しいのかもよくわからない



調べてみたところ「全国信用金庫協会」という団体があり
そこがテレビ番組のスポンサーをやることがあるらしい
信用金庫とは金融機関の一形態を示す言葉ではあるが
民間企業ではなく法人であるという
ぜんぜん知らなかったな


スケートの選手はそんなこと気にせずすいすい滑っていた
いやもしかして気にした選手もいたかもしれないけど



楽園(ル パラディ)ウェブ増刊にて描いた漫画が公開されました。
12月15日分です。無料ですので見てみて下さい
 
行き方:下記URLを押す→WEB増刊へGOと書かれた箇所を押す(中段画面左)→12月15日のところを押す→漫画登場。
 http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/



11月27日発売の「生活考察 Vol.06」という雑誌に
文と挿絵が掲載されています。

生活の中で気付いたことを綴ったもので
東京都庁に行ったときのことを書きました
見てみてください


公式ページ
http://tababooks.com/books/seikatsukousatsu-vol6

通販
https://www.amazon.co.jp/dp/4907053290/




写真は先日九州で見つけた自然に還ろうとする壁穴で、内容とは無関係です

ポイントカードというものがある
お店で使えるカードで、買い物をするたび点がたまり
一定以上溜まると品物と交換できたり金券として使えたり
貯まったポイントを消費して都度お金として使えたりするものだ

作れる店ではなるべく作るようにしてる
だいたいは無料で作れるし、お店の名前が印刷されている厚紙は
持っていて嬉しい気分になる
質の高いものだと、樹脂製のものや磁気カードのような豪華なものもある
それを自分専用に発行してもらえるならもらわない手は無い
発行手数料がかかる店もあるが
近頃は百円程度なら気分で作ってしまうこともある


さて、そういうふうに作ったカードは枚数がかさむ一方で
財布のカードしまうスペースには到底入らなくなってくる
滅多に行かないような店でも作ったりするから、そういうものは
カードバインダーに収めて家にしまっておくようになった

そうすると今度は、いざその店を訪れたとき、カードを持ち合わせていない
レジで、ポイントカードをお持ちですか、と尋ねられると
「家においてきてしまいました」
と答えざるを得ないことになる。
親切な店だと、あとでレシートを持っていけばポイントをつけてくれる場合もあるが
その場合でも、あとでレシートを持参してポイントを加算してもらった試しがない
そもそも滅多に行かない店だからカードを持っていないわけであるし
わざわざポイントのためだけに再訪するのは面倒だし、となると
再びその店に行くときもカードを持っていないということになるわけで

なのでそういう場合、ポイントカードをお持ちですか、と尋ねられると
「ないです」
と答えることになってしまう
続けてカード作成の勧誘も、断ることになってしまう
本当は既に持っているからである
そのやりとりがいつも悲しい


そこで、財布のほかに、ポイントカードを入れて持ち歩く用の入れ物があればいいなと
思って、先日買ってきたのだった
名刺入れサイズのファイルで、中に何十枚かカードをしまい込める
これを鞄に入れておけば、かなりの局面に対応でき、生活がよくなる


で、さっそくバインダーから移し替えようと思ったが、その肝心のバインダーが
部屋の中で行方不明になってしまっていたのだった
なんということ
恐らく手近な本棚に刺さっている筈なのだが、なぜか見当たらず

見つからないと思うと、気になってしまい
昨日今日と断続的に本棚周辺を引っかき回しているが、現時点で発見出来ず
どう考えても変な所にしまったりはしないはずだが、不思議だな

あれこれ考えながら探すうち、はがきを入れるバインダーも同じような形をしていて
同じ場所に置いていたことを思い出したが、それも一緒に行方不明に
なっていることに気付いた
生活をよくするはずが、どんどんこまったことに
まあそのうち出てくるだろう


とりあえず、財布に入るだけ入れていた使用頻度の高いカードだけ
カード入れにしまってみた
けっこう膨れ上がった。
そのかわり財布はぺたんこになった

ひとまず今日はここまで
バインダーが見つかり次第、生活がよくなる

九州に行って帰ってきた
いろいろなものを見たり食べたりした

自分の興味のあるものとないものについて考えることが多かった


現地のスーパーでは、関東でも見かける商品が多数並んでいるが
それに混じって、普段見かけない豆腐を見つけたとき、急に
ここは自分の来たことのない地方で、そこでは知らない人が知らない豆腐を
ありふれたものとして買って食べているのだということを思って

日常の細部によって想像力が増幅されるものが、なにより面白い
ついつい、そういうものばかり追いかけてしまう

その辺の民家や、日常使われている道だの店だのを見れば
生々しい細部は無限に見つかるし、よくよく見ていくと
植物がちがったり、豆腐がちがったりするわけで

普段自分が見慣れたものとそれらの微妙な差、そのほんのちょっとした事実が
旅情にリアリティをもたらす
それがちょっとしたことであればあるほど、リアリティが増すのが不思議だ
ひいては自分の身の回りでありふれていた日常をとらえなおすことにもつながる

古い建物でも、史料的価値に基づいて保存されているようなものより
ぶっきらぼうに放置されたようなところのあるもののほうが
興味深く見れる傾向にあった。

ある歴史的建造物は、いまは蔦に覆われて半分放置されているが
修復保存されることが検討されており、その際蔦は綺麗に取り除かれるという
生々しい細部は灰汁や澱として処理される
そういう側面もある


長崎のある高台から見た町並みが圧巻だった
もしも望遠鏡のような視力があれば、その細部に脳がパンクしていたと思う
それを想像しただけでめまいがするようだった

九州に上陸するのは今回が初だった
普段と生活のリズムが違う行動が続いたため、思ったより消耗してしまった
ぼんやりしてしまう
体調を崩すようなことはなかったが寒くなってきてるので用心したい




別な話

コンビニで、ポテトチップスが安売りされていた
コンビニでこの手の菓子が安売りされるのは比較的稀なことのように思う
地域限定の味のやつが入荷し、余っていたようだ

「天ぷら味」と「いもフライ味」の二種類があった

ポテトチップスがそもそも芋を油で揚げたものであるから
味のイメージがポテトチップスの製造工程に回収されてしまっている
しばし混乱する

天ぷらは、べつに何の天ぷらとも書かれていない、ただ天ぷらと書いてるだけだ
いもフライは、栃木の郷土料理かなんかであるらしい
何も言っていないような、簡潔なような、かえって複雑なような
へんなことになってた
しかもそれが安売りされている
折角なので両方買った。





①楽園(le paradis)28号が発売になりました
「芋蔓ワンダーランド」という題の漫画を掲載して頂いております
ぜひ見てみて下さい。
お求めはお近くの書店かインターネット通販で

楽園(le paradis)ウェブサイト
http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/vol28/ 

amazon通販ページ
http://www.amazon.co.jp




②来年一月末、通算六冊目となる漫画単行本が発売予定です
 前回の本が今年の一月だったので丁度一年ぶりですね
どうぞお楽しみに