ジョギング用に使っている靴の紐が擦り切れてしまい
紐をしめることができなくなってしまった

多分五年くらい履いてるのかな
よく擦れるところに少し穴が空いてきていたり
靴底も減りつつあり、なにか致命的な壊れ方をしたら
もう買い換える頃合いかもしれんな、と思いながら履き続け
さてジョギングに出かけるか、という玄関先での出来事だった


まいったな、と思ったが
靴紐の切れたところを避け、ぎりぎりの長さの紐をなんとか留めることで
ひとっ走りは耐えることができそうだったので、それで走った


ずたぼろの紐でも、問題なく走ることができた

買い替え時かもとすら思ったのに、致命傷を負っても
問題なく活躍する靴に乗っかって走っていると
妙な頼もしさというか
これは紐さえ替えれば、まったく問題ないな
という気持ちにどんどんなってきたのだった
家に着く頃には、買い換える気なんてすっかり失せてしまった

それが昨日のことである

今日は、ちょっと晴れ間が出たので、紐を替えるついでに
靴を洗ってやることにした
雨上がりの未舗装路を走ったりしたので、泥汚れがそこそこあったため
そのまま紐だけ替えるのもな、という気になったのだった

ちょうどいい紐が家にあったので、夜乾いた靴に搭載してみた
いい具合に収まった。
めでたく機能と清潔を取り戻し、くたびれながらもしゃっきりとした靴を見ていると
買い換えようかなどと思ってたのが申し訳ないような気にすらなってくる
もうしばらく世話になろう



愛着が発生したことがわかった
単なる道具として履き、傷んだら買い換える消耗品として捉えていた靴が
自分の体の一部、というと大げさだが、そこに一歩近づくような
心のなかでランクアップしたような感じがした
運動靴なんて、洗ったりはすれども性質上不可逆に消耗していくものであるから
今までそういう意識が沸きづらかったのかもしれないけど

自分の中の、靴の存在感が昨日と今日で違う
愛着というのは、少しずつ積み重なって発生するものかと思ってたけど
発生の瞬間が明確にわかるときもあるんだな


しかしこうなってくると、また別の意味で
致命的にぶっ壊れる前に新しい靴を買うべきなのではないか
とも思えてくる

昨日のことだが
たまたま通りかかった道で、目の端にちらりと映った看板に
手書きで、イトーヨーカドーのロゴマークの絵が描かれていたように見えた

手描きの イトーヨーカドー
一瞬なんでもないようなものに思えたが
そんな看板がはたして本当にあるか、考えてみるとへんな気がする
一体誰が描くんだ、イトーヨーカドーの社員がそんなものを描くだろうか?
通り過ぎたが、どうしても気になったので引き返した



戻ってきて見ると、やはりヨーカドーの手描き看板だった

おなじみの鳥の模様が、ベニヤ板にフリーハンドで描かれていた
看板は、細道の脇に設置されており
「ヨーカドーに行かれる車は この先トラック通り抜困難です」
と書かれていた。
細道の脇にある会社が、その敷地に設置した私設の看板で
細道を通ってヨーカドーへ行こうとし、立ち往生してしまいがちな
大型車に向けての注意看板だったんだな


しかし、この付近にヨーカドーなどないのだった

念の為グーグルマップでも検索してみたが、最寄りのヨーカドーまで
直線距離でも10kmはある
ベニヤ板の劣化具合からして、さほど古いものではなさそうで
付近でヨーカドーが最近閉店したというふうでもないようだった
この細道の大型車通り抜けが困難であることはどうやら事実なので
用をなしているとは言えるが。

この看板に吸い寄せられて引き返してきたということも含めて
なんか妙なかんじがする





そのことを夜考えていて、思い出したこと

大東京火災の看板が残っているのを見つけたことがある
もう数年前のことになるが
市街地を外れた片側一車線の街道沿いだった

大東京火災は、2001年に合併によって消えた社名だ
看板を見るまで、大東京火災のことなんて完全に頭から消えていたが
看板を見て、緑と赤の取り合わせ、謎の釣り鐘のようなロゴマークの
見覚えが、頭の中にかすかに残っていることにかろうじて気付くことができた
うわ、と思って

あとでグーグルストリートビューで見に行ってみて
ああこれだこれだ、よくぞ残っていたな、と思ったのだった
それが数年前の出来事。


深夜、寝る前にその看板のことを思い出し、もう一度見たくなって
ストリートビュー見ようと思ったが、正確な場所を覚えておらず
このあたりだった、という道沿い、せいぜい3kmくらいの範囲だが
ストリートビューでなん往復もしてしまった
確かにこのあたりだった気がする、勘違いだったか?と思ったりしつつも
もしかして撤去されてしまったのかもと思い、過去の景色にさかのぼって
たどり直したら、ようやく見つけることができた

最新版ビューに戻って見てみると、撤去されたわけではなく
単に少し見づらい写真になっていただけだった
2019年の時点ではまだ残ってるらしい


看板が見たくて道を引き返した昼間に引き続き
夜中にかつて通った道をバーチャルでなん往復もしてしまう
寝るとこだったのに
でも気分良く眠ることはできた

特に看板に関する夢を見たりはしなかった



楽園(le paradis)33号が発売になりました
「魚社会」という題の漫画を掲載して頂いております
ぜひ見てみて下さい。
お求めはお近くの書店かインターネット通販で

楽園(le paradis)ウェブサイト
http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/vol33/ 

amazon通販ページ
http://www.amazon.co.jp



また、今年の楽園春のWEB増刊が電子書籍に纏まって刊行されています
ウェブでの更新分に加え、描き下ろし作品が追加されていますが
そのうちの一作品、「自由」という題の作品を掲載して頂いております
その他、カステラ風蒸しケーキ三部作の完結編含む
春のpanpanyaまつり四作品も入っていますので、よろしければ見てみてください

amazon通販ページ
https://www.amazon.co.jp



Tシャツ四種の予約受付が本日中までとなっています
予約分+αの数が生産されるため、以降は所定の数が売り切れ次第
販売終了となりますので、確実入手をご希望の方は
本日中のご予約をおすすめします

ご予約はこちら↓
https://panpanya.booth.pm

ずっと理想的な使い心地のスティック糊がないものかと探していた
普段ノートに紙を貼り込む際、トンボ鉛筆の「シワなしPIT」を使っていた
これは紙が水分でしわになりにくく、粘着力や使い勝手もそこそこ基準を満たしたもので
無難な選択肢として愛用していたわけだが
感熱紙を貼ると変色してしまうことや、塗ったあと糸を引く感じとか
塗る時の抵抗が強く、薄く弱い紙に塗ると摩擦で破けてしまいがちであったり
厚物を貼る時に接着力に不安があることなど、万能とは言い切れない
これらの欠点をカバーする、完璧なスティック糊がないものかと
あれこれよさそうなのを試しては、総合力でシワなしの方がいいなと思ったりしていたが

PLUS社の「パワーPritt」という製品がある
これは接着力の強さが自慢の品で、厚紙を貼るのに比較的弱いシワなしの
弱点を克服した製品なのではないかということで、試用してみた
結果としては、たしかに接着力は非常に優れている
しかし、シワなしよりはシワになりやすいし、塗り心地も硬いバターのようで
スムーズに塗り拡げることが難しい
あちらを立てればこちらが立たずといったかんじだな、と思っていたが

パワーPrittの用途のとこをよく読んでみると
紙に貼ることができるものの種類が、「紙、厚紙」はもちろんのこと
「写真、布、発泡スチロール、革、木、アクリル、金属など」
たいへんだ
これは、糊というより接着剤といっていい勢いを感じる
試しにビニール袋に塗ってノートに貼ってみると、紙を貼り込むのと同じように
すんなりページと一体化した
これはすごい

ノートには、ノートに貼れる物に絞って貼っていくことに決めていたので
ビニール系のものは基本的に諦め、無視することにしていたのだが
パワーPrittのおかげで、 これらも貼り込みの対象になってしまったのだった


理想のスティック糊という考え方も改めなければならない
スティック糊には、銘柄ごとに得意不得意がある
中にはパワーPrittのように、極端な性能を持つものもある
他の性能を犠牲にし、多用途強接着力に特化したからこそ
貼れるものの可能性を広げることができたのであり
それらを必要に応じて使い分けることこそ、ノート作りの幅も広がる
当初思い描いた、欠点のない理想的スティック糊がもしあって
それを使っていたとしたら、ビニール袋をノートに貼ることなど考えられなかっただろう

ちなみにPrittシリーズにはスムーズPrittなる製品もあり
塗り心地のなめらかさを売りとしている
これを使えば、薄く破けやすい紙も容易に貼ることができるのだろう
感熱紙に影響を与えない製品も探せばあるかもしれない

今後は性能の極端さに着目してスティック糊を見ていく必要がある




別件
先日の日記で書いたなぞのシリアルについて
「ハニーナッツチェリオス」というアメリカのシリアルの類似品ではないかという
情報が寄せられた。調べてみると、記憶にあるのはもう少し焦げ茶色が
濃かったような気がするが、成分や味の情報を見てもたしかに似ているようです
輸入食品店に行くことがあれば目を光らせておきたい
有力情報ありがとうございます

コンビニの前で、なんとか戦隊みたいなかんじの
赤いヒーローに仮装した小太りの人が何か配りものを持って立っている

コンビニで携帯電話の契約がその場でできるサービスがあり
それについてPRしているらしい
これはもともとファミリーマートでのみ行っているサービスだったのだが
この度他のコンビニとも協力し、コンビニならどこでも出来るようになったという

各社が結託して行うこのサービスの、新しく制定されたロゴマークが印刷された
20センチ四方くらいあるでかいステッカーをヒーローは配布しているようだった
へえーと言って近づくと、ヒーローはステッカーの入った袋をひとつくれた
一袋に数枚入っていた
うれしいけどどこに貼れば良いんだろうね

ヒーローのズボンは、コンビニの外壁を模したもので
横長の白いタイルを格子状に貼った壁の模様が印刷されている
これはローソンの外壁だな、と思う

なじみのスーパーが閉店するという情報を得たので見に行った
うちからは少し距離があるが、日頃通りかかることが多い道で馴染みがあった
いまいちぱっとしない感じの店だったので
昨今の外出自粛の影響が決定打となったのかもしれない



店ができたときのことを覚えている
既に近所にスーパーマーケットがある立地に、ある日現れた
オープンしたときから、なんとなく古くさいような
ぱっとしない雰囲気を既にまとっていた。
おばあちゃんちにあるようなお菓子が充実した、ちょっと薄暗い店内
折込チラシも、黄色い紙に赤と黒で刷られた昔ながらのものだった
あまり流行らないだろうと思ったが、不思議と根付き、親しむことになった


この店で昔、ブランド名が入っていない透明なビニール袋に入った
シリアルが売っていて、それが好きだった
直径一センチくらいのドーナツのような形をした焦げ茶色の粒で
うっすらはちみつ味の付いた素朴で軽い味で好きだった
すぐ売らなくなったけど
成分表示にオート麦が使われていたことは覚えている

あととうきびアイスが入荷してた時もあった
あれもしばらくしたら売らなくなってしまったな
うまかったのに

カステラ風蒸しケーキ探しに行ったときは売ってなかった
お客様の声コーナーに入荷するよう書き込もうかと思っていたが
生産終了になるのが早く、それは実行できなかった
もしカステラ風が健在だったら、書き込みが反映され安定入荷し
ばかすか買う未来もあったかもしれない



店内は、いつにもまして閑散としていた
くまなく見て回り、惣菜コーナーでツナマヨおにぎりと
生活雑貨コーナーで昔風のいいパッケージのちり紙が売っていたので
べつにこの店で買ったことのある思い出の品というわけでもなかったけど
こういうものが売ってる店なんだよな、という気持ちになり、買った

閉店するとなって初めて、なんというか慈しむような気分になる
日常的な、なんでもないもんをありがたがったり感動したりし続けながら
生活するのはなかなか難しいことだが
なくなるとなって慌てて大事にしたりする
そういうことはよくあるが


たとえば今日食べたものの記憶は、しばらくすると忘れて
いつ食ったんだかも忘れ、食べたこともいずれ忘れてしまう
この記憶は失うものだということを意識してみると、ちょっと大事にしようかなと思えて
食べたものを写真におさめてみたり、メモしておこうと思ったりもする

買った商品のタグだの、郵便物の送り状だのも、ぱっと捨ててしまうときに
今からこれを失うのだ、ということを考えると、少し悲しい気分になったりするので
いちいちノートに貼ったりしてしまうのだった
きりがないことだけど

きりがないくらい何かを失いながら生活してるということを考える
なんでもかんでも慈しんでたらきりがないので
諦めながらぼーっと全体的に慈しむような気分になるときがある
それはなかなか悪い気分でもない

ノーベル製菓が販売する、ペタグーというグミがうまい
硬いシリコンのような質感が独特で良い
一袋食べてうまかったので、追加でまとめて買ってきた

グミに硬さを求める場合、あまり選択肢がないと感じていたが
今後はこれを選びたい。
まだ発売してそれほど経っていない製品なのか、味の種類が
現時点でコーラ、レモン、メロンソーダと、グミとしては平凡な
ラインナップしかないのが惜しいといえば惜しい
欲を言えばトロピカルフルーツ系統の味が欲しいところです

ノーベルは、かの「梅干しの種飴」を製造していることでも知られる
あれも非常に優れた飴で、どこでも売っているわけではないものの
消えることなく定番商品となっているようで嬉しい
ノーベルに対する信頼感がまた増した





クレラップがなくなったので、箱を捨てるため分解していたら
箱の内側に「飛び出しガード」という黄色い突起があることに気づいた
ラップの芯が不意に飛び出ないようにするためについているようだ
箱のへりの形状に一手間加えることで、利便性が上がっている

それはそれとして
わざわざ黄色く塗り、「飛び出しガード」と文字も入れている
箱に工夫をしているのだよ、 というアピールのための表記
やや恩着せがましくも感じたが


よく見ていくと、箱には他にも工夫要素が見られる
ラップの箱は、本体に蓋が覆いかぶさるように閉じる形状になっているが
その蓋の部分に直径一センチ程度の丸い穴が空いていて、蓋を閉じると
本体側に印刷された子供の絵が窓からのぞくデザインになっている

この穴には「きちんとキレ窓」という名前がついていた
ラップを使う際、必要な分だけラップを引き出したあと、穴から子供が見えるまで
蓋をしっかり閉じてからカットすると、うまく切れますよ、ということで
そのための目印として、設置された穴(及び子供)らしい。

蓋の中央部には、光沢のあるニスのような滑り止め印刷加工が施されている。
滑り止めの下には赤字に白抜きで「ここを押さえて!」と書かれている
ラップを切る際、ここを親指で抑え、箱全体を内側にクルッと回すようにひねるのが
スムーズにカットするコツであるらしい
箱の表面2箇所に例の子供と共に「まん中からクルッと簡単!!」という表記があり
クレラップを手に取り、使おうと思うと必然的にこの文言を目にする形になる
今まで無意識にクルッと簡単に切っていたのだろうか、思い出せないが
箱からラップを引き出し、切るという一連の動作について
箱を閉じ、真ん中を指で抑え、クルッと回すように切る、といったコツを
パッケージの構造や表記ですべて指南しているのだった。

子供は、本体と蓋が重なる部分に描かれていて
「ここでラップをキャッチ/フタをカチッと閉じれば/巻き戻りしにくい!」
というセリフがセットになっている
「ラップをキャッチ」部分にも光沢滑り止め加工が施されている。
蓋に挟まったラップは必然的に光沢部分に貼り付き、巻戻りにくくなるわけだな
窓から子供が見えるように常日頃心がけることで、ラップが箱の中に
巻き戻ってしまい、くっついて端っこがどこだかわからなくなってしまうことを
防止する役割も兼ねているらしい

また、それでも万が一巻き戻って貼り付いてしまったときは
「引き出しシール」というシールが付属していて
この適切な粘着力のシールをペタペタすることでラップの端を簡単に見つけることができる
引き出しシールは、新品時はラップの縁を留めるために使われていたテープで
開封したら、蓋の外側に設けてある引き出しシールを貼る専用のスペースに
貼って保管、有事の際に再利用させるということだ。

 
箱の表面をじっくり見ていくと、
滑り止め加工が隅々に配置されていることがわかる。
不均一に並んでいるように見えるが、どうやらラップを持った時に手のひらに
接触する部分に効果が発揮されるように狙って配置されているようだ
それと連動して、型押しのような、紙自体を凸凹させる加工も織り交ぜられている。

箱の形状も工夫され、手のひらにあたる部分の角は面取りされており
そこにも帯状に滑り止め加工が抜かりなく配置されている。



こんな箱だったのか
過保護といっていいくらいに工夫が散りばめられ、ぎらぎらとアピールしていたのだ
何重にも補助輪がついているような

もちろん、はじめからこんなに多重のギミックがついていたわけではないと思う
ラップなんて、使うのにそれほど高等技術が必要なものではないにしても
初期の商品は、ちょっとしたコツが要る道具だったのかもしれない
発売以来少しずつ、使う中で不便に感じていることや、不慣れな人でも快適に
使えるよう創意工夫をパッケージに組み込んでいき、そのたびに
「皆さん一度は不便に思ったことのあるでしょう、あの部分をこう改善」
というような表記は積層していき
今のような重厚なガイドライン、セーフティーネットが
箱に組み込まれるに至ったのだろう
開発の歴史の地層が見えるかのようだ

そして、これからも改良がなされるたび、新ギミック新意匠が組み込まれ
クレラップがアップデートされていくことが予想される

昔はカットするギザギザの部分金属製だったもんね
いまではプラスチック製になり、分別方法もしっかり注意書きされている
工夫だけでなく、科学の進歩によっても、より使いやすく進化するんだな


すっかり箱を捨てる気は失せ、きれいに切り開き、ノートに貼ることにした
現時点での標本として残しておきたいと思った
クレラップは今後どんな進化を遂げるのだろうか



今年もTシャツの季節がやってきたので、Tシャツを作りました
上の家の絵柄と、先日書いた絵(これ)に出てきた魚を図案にしたものとで
絵柄が2種、色がそれぞれ2種あり、計4種です
あと、魚禁止の缶バッジが品切れていたので、再生産されます
 
魚の黒い方だけ、Tシャツの形状、素材、仕様が特殊なものになっています
凝った結果、値段も高くなってしまいました。ご注意ください

詳しい商品情報・ご予約はこちら↓
https://panpanya.booth.pm



現在ご予約受付中です
およそ6月末頃まで予約を募り、7月末頃お届けの予定です
前回のスウェットの配送予定が大幅に遅れたことを踏まえ、今回は
完成後、一般発売より早くお届け出来るようにしてもらいました
お気に入りの品ありましたら何卒ご予約ください




①新宿にある「bar図書室」というお店の十周年を記念した
本に漫画を寄稿しております
本来は店頭やイベントで販売される予定でしたが、昨今の情勢により
イベントは中止、お店もお休みということで
通販することになったということです

新宿駅からbar図書室への道案内漫画を描きました
よかったら見てみてください

https://bar-toshoshitu.booth.pm/items/2016272





②5月17日に開催が予定されていたコミティアが中止となり、かわりに
twitterを利用した「エアコミティア」なるイベントが行われることになりました
(詳細→https://www.comitia.co.jp/html/aircomitia.html)

それに関連し、エアコミティア公式グッズが販売されることになり
マグカップ用の絵を描きました
5月17日から24日までの期間限定で販売されるとのことですので
いかがでしょうか
https://twitter.com/COMITIAofficial/status/1260854658093838336

追記:販売期間5月31日まで延長になっています
https://twitter.com/COMITIAofficial/status/1263746866904096768