例によって今日は箱根駅伝を見た
昨年秋にアタック25が終わってしまったから
定期的に放送するテレビで楽しみにしているものが
ほぼ箱根駅伝くらいになってしまったよ
 
 
目覚ましをかけ、いつもより早起きをして
寒い部屋にストーブをつける
ストーブの前に、ビニール製のビーチベッドを出してきて
背もたれに適当に角度をつけ、飲み物を用意して視聴の準備は整った
眠気を保持したまま、ごろごろ2区くらいまでを見た
優雅な正月だこと
 
 
途中、うたた寝をしてしまった
5分か10分かくらいだったかと思うが
長いジーンズは、普通に立った状態では履くことができないので
鉄棒にぶら下がりながらでないと履けないのだ、というような理論だけの
夢をみて、なんだそりゃと思って目が覚めた

目が覚めたので、インスタントのとんこつラーメンに
焼き餅を入れた簡易雑煮風のものを作って朝ごはんに食べながら
残りの道のりを見た
 
 
いつもの景色を、大学生たちが走っていく
去年も見た人もいるし、初出場の学校も、一年生も居る
コマーシャルに、かつて選手だった人が出てきたりもする
いつだか閉館した小涌園は、2023年にオープンするという
横断幕が出ていた


いつものルートを、年に一度テレビでなぞる
年に一度、断片的にカメラで捉えられた道のりの映像を頭で補完しながら
見ることで、記憶が補強されていく
年に一度、記憶にニスを上塗りしていくような
走っている学生も、景色も年を重ねるごと少しずつ移ろっていくから
一度として同じニスが塗り重ねられることはなく、半透明で斑な塗りになる
結果として頭の中の箱根路は、実在の箱根路とはいびつに異なるものになってる


それが楽しいのだというようなことを去年だか一昨年にも日記に
書いた気がするが、もしかして書いてなかったかもしれないし
逆にもしかすると毎年のように書いてたかもわからない
 
書いたとしても、一字一句同じ文章ではないはずだから
これもニスのひとつといえる
 
 

あけましておめでとうございます
さっきまで紅白歌合戦とゆく年くる年を流し見していて
見終わったので、これから寝るまでの間に文を書くことにする
 
2021年はどんな年だったろうか
あんまり2021という数字に触れる機会が少なかったかな
オリンピックやってたけど、表記は2020で統一してたし
落ち着かない情勢のなか、2020の余韻を引っ張ったまま
なんとなく2021は終わってしまったような気もする
 
2021という数字が、どことなく未来の雰囲気を未だに纏っているし
なんだかんだ2020も長らく近未来のイメージがあった年号だったから
ずいぶん昔に取り残されたまま時間だけはぐんぐん進むような、恐ろしさもまたある
あるのかな
あるような、ないような気もする

2022年であると同時に、令和4年でもある
ますますピンとこない

こういうことを考えるのは毎年恒例になってきてる
 
 
 

年越しの瞬間に何かを食べようかなと思ってたけど
去年はカステラ風蒸しケーキを食べてたんだったが
今年はなにも考えておらず、どうしたもんかと思ううち年があけてしまった
 
まあいいかもと思ったけど、冷蔵庫の中に
先日箱で買ったエネルゲンの缶があったので、年明け後にそれを飲むことにした
年のはじめにエネルゲン。 悪くないかもしれん



眠くなってきたので寝ることにする
これから見る夢が初夢なのか、明日の晩であるという説もあるが
いずれにせよ面白いものが見られるといいけど


 

楽園(ル パラディ)ウェブ増刊にて描いた漫画が公開されました。 
12月28日更新分です。無料ですので見てみて下さい
 
行き方:下記URLを押す→WEB増刊へGOと書かれた箇所を押す(中段画面左)→12月28日のところを押す→漫画登場。
 
 
 
今冬の増刊では三本目となる「模型の町を」という題の漫画です
一本目「模型の町へ」、二本目「模型の町で」共々よろしくおねがいします
 
絵は旅先でもらった怪獣のバッジと、旅先で見かけたマッサージ椅子で
今回の漫画とは無関係です

 

楽園(ル パラディ)冬のウェブ増刊が開始しており
12月4日分と19日分で描いた漫画が公開されています。
告知の更新を怠っておりすみませんが
無料ですので見てみて下さい
 
行き方:下記URLを押す→WEB増刊へGOと書かれた箇所を押す(中段画面左)→12月4日/19日のところを押す→漫画登場。
 http://www.hakusensha.co.jp/rakuen/
 
 
 
 
 
 
以下雑記
 
ぐるになる という日本語
悪いことをするのに結託する、というような意味合いだと思うが
その語源が「グループ」なんじゃないかということに気づいた
そうなんじゃなかろうか
正確なところはまだ調べてないけど
この「正確なところは一切わからないが、そうに違いない気がする」という
感覚が嬉しいので、しばらくは違いない違いないと思って楽しむことにする
違うかもしれないけど


Xマスという表記近年見ない気がする





Amazonの電子書籍Kindleで楽園のコミックスのセールが開催中です
買った金額の半額分のポイントが戻ってくる仕組みで
つまり実質半額で購入できるということになります
 
新しいものも含め楽園コミックスすべてがセール対象です 
最新巻「魚社会」がセール対象になるのは多分初ですので
この機会にいかがですか。

以下はAmazonの販売ページへのリンク
 

トミカの売り場
店内を仕切る壁のようにいくつか配置された棚に挟まれた
通路の右側の面にトミカが陳列されていて
棚の一番上の段に大きめの品が横並びになっている

てんとう虫の上にチョッパーのハンドルがにょきっと飛び出していて
たぶんセグウェイみたいに立ち乗りするんであろう奇妙なマシンや
流線型のカウルに包まれた重そうなバイク
ベスパなど
全長20センチくらいのバイクのミニカーが多い
金属製で重厚なつくりであるが
いずれもメタリック調の臙脂色や深緑色の塗料一色でべっとり塗装されていて
仕上げが安っぽいなあと思う
そのくせ値段は一台八千円から一万二千円くらいしていた



親戚の家の風呂に入っている
外国人が居て、一言二言やり取りをする
 
 
 
 
どこか山の中の駅
ホームの出口がなく、歩いて出るには線路を横断せねばならず
線路に下り、左側の雑草が生えた斜面を下って車道へ出る
 
車道の先はすぐトンネルになっていて
トンネルの両脇にはそれぞれ旧道らしき分岐がある
トンネルに入った車が、トンネルの中でUターンして出てくる
トンネルの先で強風による事故があり、通行止めになっているという
トンネルの出口側を見てみると、巨大なぺこちゃんかサトちゃんか、その手の
看板用途の人形の首が落ちていた
強風で、建物に設置されたものが吹き飛んでしまったらしい

トンネルの左の側道は急な上り坂になっていて、坂の先がコンクリートの天井で
塞がれている。コンクリートには割れて出来た隙間があり、徒歩なら通れそうでは
あるが、雑草や落ち葉が溜まっているし
使われていないエリアであることはひと目でわかるため、行くのはやめる
右の側道は平坦で、トンネルの先へ続いていそうだった
そちらを進んでみる
 
トンネルの向こうでは事故の片付けと地元のまつりの準備を行っていた
地方に移住した知人が参加しており、挨拶をする
こういう地域密着型の作業が似合う人だな、と妙に納得する

数日間旅行に行って、帰ってきた
 
なぜかわからないが、全体的に寂しい気分がうっすらと漂ってた
他の場所に行ったときでも、寂しい気分になる場所は時々あるけど
その成分が多かったかんじがする
 
その土地にずっと住んでる人、引っ越して行く人、来る人
でかけていく人、帰ってくる人などがいて
そういう人たちが味わう郷土への気持ちみたいなものを
勝手に空想して架空の寂しさにぼんやり共鳴してしまうような
まったくもって勝手な話だが
 
BGMとしてかかっていたローカルソングや
昼の時報に流れるオルゴールや
宿の廊下に脈絡なく貼りまくられたポスターの積層の具合
真新しい建物、今建築中の建物、それを建てる人
修理されてる建物、されてない建物
一日になん往復もするバスや船
 
何故か大抵そういう気分の薄い膜がかかっていた
絶景を見てる時だけはそれを忘れる



家に帰ってくると、それらと切り離されて日常に戻るが
リアルな夢を見たような、具体的な記憶の手応えと寂しさの残りがまだある
なんか呆然としてしまうな。





旅先でみた怖い夢
 
怖い小説を読んでいる
 
道の両脇にちらほら個人商店の並ぶエリアの端っこにある店
色あせた装飾テントはあるが看板らしきものはなく、なんの店かはわからない
廃屋のようにすら見える
磨りガラスの戸は閉まっているが、知人と二人で中の様子を伺うと
薄暗いものの中の電気は二つ三つついている
 
おばあさんが出てくる
青いプラスチックのザルみたいなヘルメット風の帽子をかぶっている
もう店は営業していないのだという
カステラ風蒸しケーキも無いよ、と言われる
(前に来たことがあり、そのときにリクエストしたのだったということを思い出す)
町の方にある店に行け、と言われる
 
別な日
なにこれ珍百景で件の店が取り上げられる
レポーターが左に急に曲がるコンクリート舗装の急坂を
這いつくばるようにして登ると先程も見たぼろい店の前に出る
おばあさんは、先日とは違うアルミ缶やアルミ製のたらいを
むりやりプレスして半球形に固めたようなヘルメットを目深に被っている
店内では、私と知人がくつろいでいる
ポテトチップスを皿にあけたものや、おばあさんの手作りの落雁らしき菓子などを
薄暗い店内でぱくぱく食べながら、ここは本当にいい店ですねと言い合う
 
別なおばあさんの客が、小鯵を買いに来る
小鯵と表記のある、ぼろぼろに汚れたダンボールの空き箱を
店のおばあさんから受け取り、帰っていく

夕方、店先で近所の人たちが立ち話をしている
「けんいち君はこっちまでは来ない」と言っている
商店街の反対側の端の方に、けんいち君という者がいる
「グオー」とか「ウオー」というような唸り声が遠くから聞こえ
それがけんいち君のものであるらしい
話を聞くうち、けんいち君は生身の人間ではないらしいことがわかってくる
 
おばあさんがいうには
恐怖というのは、もなかの入った箱についつい手を伸ばして
食べているうち、いつの間にか腹の中身、体中が
あんこに置き換わってしまうのと同じような感じで
体に入り込んでくるものなのだという
何故かぞっとする妙な説得力がある


というような怖い小説の一篇を読み終わる
なんだか最後の最後で急に怖い小説っぽくなったな、と思う
日が落ちたどこかの石段に座って読んでいたのだが
ふと顔をあげると、階段の下にある3メートルくらいの高さの二本のコニファーの間に
人がしゃがんでいて、一瞬ぎょっとするが、 それは知人(小説の知人とは別人)で
こんなとこで何してんの、と訊かれたので
暗がりでしゃがんで怖い本を読んでいたんだよ、と答える
 
二人で田んぼの中の道を歩いていると、後ろから追いかけてくる人がいることに気づく
見ると、その人の顔は妙に低画質の画像が貼り付いたような顔をしている
それは、怖い小説の中の挿絵と同じものだった


 

 楽園(le paradis)37号が発売になりました
「夜ぼらけ」という題の漫画を掲載して頂いております
ぜひ見てみて下さい。
お求めはお近くの書店かインターネット通販で

楽園(le paradis)ウェブサイト
https://www.hakusensha.co.jp/rakuen/vol37/

amazon通販ページ
http://www.amazon.co.jp

告知を怠っておりましたが
先月末に、「楽園」夏のウェブ増刊で公開された漫画に
描き下ろし8作品を加えた電子書籍が刊行されております

通常公開分3作+描き下ろし1作の計4作品で参加しております
描き下ろしは、春にやった「ここはどこでしょうの旅」の六回目です
ぜひ見てみて下さい
 
 
 
 
 
以下雑記
カステラ風蒸しケーキについて、昨年、一昨年ともに10月発売であったことから
今年もひょっとしたらひょっとするのかと思っていたがひょっとしなかった
現在のところ、残念ながら発売は確認されていない
二度あることは三度あるという言葉を信じて祈るしかない
 
しかし、第一パン社から「温めてとろける半熟カステラ風蒸しケーキ」なる
商品が発売されているという情報を、調査の過程でキャッチした
なんと他社から「カステラ風蒸しケーキ」が出るとはね
当然興味が湧いたので、探しに行くことにした

スーパーを14軒回ったが、どこにも売っていなかった
そもそも、第一パン社製品の取り扱いが結構少なくて
元祖カステラ風発売当初より難易度が高いような気がする
14軒で見つからなくても驚きはない がっかりはするが……
やっぱり今回も電話しないとだめかもしれないな

かわりに町のパン屋でシフォンケーキと
ヤマザキがカステラ風のかわりに(?)10月に新発売した
「しみこむバターの蒸しケーキ」を見つけたので買ってきて食べた
しみこむバターは塩味がちょっと入っているのかな
甘味に塩が加わったものがあまり好みではないので、無塩バターの方が
きっと好きな味だったろうと思う。うまかったけど



最近は、朝にフレンチトーストをつくるのにはまっていて
配合や素材を変えていろいろ試してたのしんでいる
卵に牛乳と豆乳を配合して、砂糖と蜂蜜、バニラエッセンス少々。
今のところ基本はこれだが、バランス次第で出来が激変するのが楽しい
 
パンが含める水分量のぎりぎりまで牛乳を増やすと、出来上がりはとろとろで
それもまたうまいものだが、液を増やすなら卵を倍に増やして乳系を
控えめにして焼くと、弾力がでてそっちのほうが好みだった
いずれにせよ、弱火でふたをして時間をかけて焼くのが重要のようだ
奥が深い




携帯電話を買い替えた
4年半くらい使っていたもので、一回故障して修理してもらったことがあり
そのとき大部分の部品が新品に置き換わったが、それが1年少々前のことなので
まだまだ交換するほどではないと思っていたが
近頃処理の重いソフトを使うと強制終了したり電源が切れたり
急に30秒くらい操作を受け付けなくなったり
開いてはいけない裏蓋が物理的にぱかぱか開いてきたりしてたので
寿命を感じ、観念して変えることにした
 
新しい機械は動作もスムーズで、快適なものになったが
どうも電波の悪い場所での通話性能に怪しい部分があり
それに関しては前の機械より劣るような気がする
全体的に電波の安定しない自宅で、自室の机周辺はとくに電波が悪いのだ
なんかしらの改善が必要だ
  

それはそれとして
基本的に常に傍において持ち歩くものだから
それが別なものに置き換わってしまうのは寂しい気分もある
必要に迫られて買ったもので、特別気に入ってたということもなかったんだけど

4年半の間、肌身離さず持ち歩いた機種から必要なデータを抜き出し
新しいものに入れ替え、いよいよお役御免となって電源を落とすと
電源が切れたことを知らせる、ブーッという短い振動があって
役目が終わったことがわかった

今後、生活を支える様々な情報を伝達する役割は
新式の頼もしい性能の機械が担っていく
今はピカピカのこの機械が寿命を迎える頃には、交換するときに
しんみりしてしまうような愛用品になってんのかもしれないな
そうなれるように大事に使いたい
 
とりあえず電波をなんとかするために電話会社の相談窓口にメッセージを送った

よく晴れた海辺の道を走って移動している
道は両サイドとも海、路面と海面の高さが近く
海の上に直接敷かれたようなきれいな二車線の一本道。
自走する炊飯器のようなものに貴重品などを入れてあり
そいつが並走する様子をビデオカメラで撮影してる
 
ぐーっと寄ったり回り込んだり、車のCMのように凝ったアングルの
なんかドローンみたいなもんで撮影してる感じの映像だったけど
特にそういうものは使ってなかったと思う
録画しながら走っていた

道の左側はガードパイプ、右側は1mくらいの高さの
コンクリートの壁(防潮壁?)になっている
壁だけは少し古いもののように見える
 
左側の海の波が、次第に高くなってきて
数mの高さの波が押し寄せてくる
炊飯器を真横から撮影しているカメラには
炊飯器の奥に壁のように立ち上がってくる青緑色の波が映る
炊飯器は、波にのまれて右側の海に流されていってしまう

貴重品が入っているので、どうにか取り戻そうと目で追うが
波や他の漂流物と混ざって見えなくなってしまう
波が高いので、泳いで取りに行くというのは危険すぎるだろう
流れの方向からして、進行方向に向かっていってるように見えたので
海の方を気にしながらそのまま直進する
 
道の先に、コンクリート打ちっぱなしの巨大な建物がある
ダムのようなものらしく、海水を引き込むための巨大なスロープが
ぐるりと反時計回りの螺旋でもって地下へ続いている
水面に空いたすり鉢状の丸い穴から海水が少しずつ流されていて
すり鉢の縁に流木なんかが引っかかっている
炊飯器は、ここに流れ着くのかもしれない
ひょっとして、もうスロープの下に落ちてしまっているかもしれないと
下の様子を伺うが、入り組んだ建物の構造上死角が多く、先の様子はよくわからない
漂流物のようなものはあまり落ちていないように見える

海辺で、作業員が漂着物の片付けをしている
炊飯器あるかなと思って見に行くが、うず高く海面を漂う漂着物の山を見て
かんたんには見つからないだろうな、と思う